コスパ最強サイゼリヤが、ファストフード店を潰しにかかってきた

Saizeriya_(01) (1) copy
 

学生やファミリーに人気のサイゼリヤが、新たに展開する本格パスタ専門店「スパゲッティマリアーノ」。サイゼリヤでも定番メニューとして人気のパスタですが、なぜ新たにそのパスタに特化した業態を? お客の取り合いにはならないのでしょうか。しかしそこには、無料メルマガ『MBAが教える企業分析』の著者・青山烈士さんを「非常に整合性がとれている」とうならせた戦略がありました。

カニバリゼーション

節約志向を追い風に業績好調なサイゼリヤが新たに展開する店舗を分析します。

サイゼリヤ(ファミリーレストラン)

◆戦略分析

図表1「マリアーノ戦略」

■戦場・競合

  • 戦場(顧客視点での自社の事業領域):パスタのファーストフード
  • 競合(お客様の選択肢):コンビニ、ファーストフード、イタリアンレストラン、冷凍食品 など
  • 状況:イタリアンレストランは年々増加傾向にあるようです。

■強み

1.本格スパゲッティを楽しめる

  • 作り置きでなく、オープンキッチンで調理されたできたてのスパケッティが食べられます。

2.早い

  • 注文して3分以内にスパケッティが運ばれてきます。

3.サイゼリヤの配送網

  • サイゼリヤの仕入れ及び配送網を活用することで、食材の調達・配送コストを抑えています。

⇒上記の強みを支えるコア・コンピタンス
★「独自のレシピ」や「簡素化したオペレーション」、サイゼリヤの「仕入れ力・配送網」

  • スパゲッティ専門店として、サイゼリヤを超える味わいを目指しています。
  • スパゲッティに絞ったことによりオペレーションの簡素化を図り、提供時間の短縮を実現しています。
  • サイゼリヤの仕入れ及び配送網を活用することで、食材の調達・配送コストを抑えています。

→上記のようにコア・コンピタンスを磨いているからこそ強みを実現できているといえます。

■顧客ターゲット

  • 働く女性(時間がない方)
印刷する

人気のオススメ記事

  • コスパ最強サイゼリヤが、ファストフード店を潰しにかかってきた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい