韓国も大慌て。北朝鮮の核実験が「やめられない止まらない」ワケ

 

北朝鮮は、なぜ制裁でもサバイバルしているの?

北朝鮮が核実験を行うたび、国連安保理が開かれる。日本、アメリカ、韓国が議論を主導する。そして、中国、ロシアも「嫌々ながら」制裁に賛成する。しかし、金正恩は平然と生き残っています。なぜなのでしょうか?

実をいうと、中国が(中国らしく)、国連の制裁を破っているからなのです。だから、北朝鮮は、安保理が制裁を決めても、何とかなっている。

中国は4月以降、前回の安保理決議を受けた制裁を実施しているが、貿易統計によれば、北朝鮮の主要輸出品である石炭、鉄鉱石の中国への輸出量に目立った落ち込みは見られない。

 

北朝鮮関係筋も「平壌の物価は安定しており、制裁の影響はほとんどない」と指摘しており、中国が制裁を厳格に履行しているかには疑問符が付く。
(時事通信9月9日)

なぜ中国は、金正恩を守るのか?

日本ではよく、「中国も北の核実験に怒っている」と報道されています。それは事実なのでしょう。

しかし、その怒りは、日本、韓国、アメリカとは別の質の怒りです。というのは、北朝鮮が核で攻撃する可能性があるのは、韓国、日本、アメリカ。一方、北朝鮮が中国を核攻撃するなど、ありえません。だから、中国の怒りというのは、「俺の言うことを聞かない」レベルの怒りなのです。

そして、中国が金正恩を守らなければならない理由がある。中国にとっての悪夢は、朝鮮半島が韓国中心で統一され米軍が北と中国の国境までやってくること。だから、習近平は金正恩を嫌っていても、制裁を破って、支援し続けなければならない。

第2次朝鮮戦争はあるか?

「それでも中国が北朝鮮を守っている

このことは、「戦争抑止力」になっています。アメリカは戦争好き。今世紀に入ってわずか16年で、

  • アフガニスタン
  • イラク
  • リビア
  • シリア(IS空爆)

と戦争している。しかし、北朝鮮がどんなに横暴なことをしても、戦争には「および腰」ですね。なぜでしょうか?

1つ目の理由は、いうまでもなく北朝鮮が核兵器を保有しているから」です。アメリカにはまだ届きませんが、韓国を核攻撃することはできる(もちろん、北自身も放射能被害を受けますが、自分=金正恩が殺されるかの瀬戸際で、何をするか想定できません)。ひょっとしたら日本も核攻撃できるかもしれない。そして、後5年もすると、「アメリカまで核搭載ミサイルを飛ばせるようになる」と言われています。

もう1つの理由は、中国です。

第2次朝鮮戦争が勃発した。中国が北朝鮮の側について、米軍、韓国軍と戦うのではないか? 1950~53年の朝鮮戦争は、そんな構図でした。中国が北朝鮮に大軍を送ったので、アメリカ、韓国軍は勝てず「引き分け」に終わったのです。アメリカも中国とは戦争したくない

というわけで、金正恩が、いくら暴れても

  • 国連制裁は、中国が違反して北支援をつづけるので効果限定
  • アメリカは、核保有国の北、中国の支援を受ける北と戦いたくない

というわけで、「現状維持のまま進む可能性が高い

print
いま読まれてます

  • 韓国も大慌て。北朝鮮の核実験が「やめられない止まらない」ワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け