未知の細菌に感染。今、SFみたいな話が身近で起こっている

hase20161014
 

SFのような出来事が南九州で起きていました。脳脊髄炎に罹患した患者の脳の一部を調べたところ、今まで自然界では生きられないとされていた「古細菌」が発見された、というのです。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』に、鹿児島大や京都大の研究グループが発表した研究結果が紹介されています。

脳脊髄炎は、第三の生物・古細菌による感染症

脳脊髄炎は物忘れや鬱などの認知症の症状を示しますが、その原因は患者さんの脳に、ウイルスや細菌とは異なる第三の生物として知られる「古細菌」が感染したためであることが分かりました。これは、鹿児島大や京都大のチームが米国神経学誌に発表したものです。

古細菌は火口や海底など特殊な環境にのみ存在し、我々の世界では生育できない生物です。そのため、病気の原因となるとは従来考えられていませんでした。ところが今回、脳脊髄炎が古細菌による感染症であると報告され、非常に注目されています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 未知の細菌に感染。今、SFみたいな話が身近で起こっている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい