100歳超え増加もコレ以上は無理。「寿命の上限」が判明ー米大学

shutterstock_125203622
 

長寿国として世界中に知られ100歳を超える方が6万5,000人もいる国、日本。しかし、どうやら人類が不老長寿を手に入れることは困難なようです。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』では、「人間の寿命の上限を発見した」という米大学の研究を紹介しています。

人の最高寿命はもう伸びない!

永遠に生き続けるのは無理のようです。人の寿命の上限を発見したとする研究論文が発表されました。

これは先日、米アルバート・アインシュタイン医科大学(Albert Einstein College of Medicine)の研究チームが、ネイチャー誌に発表したものです。

  • 論文タイトル:Evidence for a limit to human lifespan.
  • 著者:Dong X, Milholland B, Vijg J.
  • 科学雑誌名:Nature. 2016 Oct 5;538(7624):257-259. doi: 10.1038/nature19793. PMID: 27706136

研究は世界40か国以上の人口統計データを詳細に調べたもので、長年続いた最高寿命の上昇が1990年代にすでにその最高点に到達しており、1997年以降は横ばいになっていることが分かりました。そして、それ以降は世界最年長者が115歳前後という傾向が続いているそうです。

今も医療、栄養、生活環境などは向上を続けており、老齢期まで生きる人の数は増えています。しかしその中で、群を抜いて長寿命となる人はそれほど高齢には至っていないことになります。

研究者によると、このような傾向は当面続くことが予測され、生物学的な最高寿命とされる125歳まで生きる確率は1万分の1に満たないとの事です。そして、「医学の進歩は平均寿命と生活の質(QOL)を上昇させたかもしれないが、最高寿命を伸ばすことには寄与しておらず、不老長寿を追い求めるならば従来型の医学の進歩には期待はできない」と結論づけています。

image by: Shutterstock

印刷する

 

Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報
こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。
<<登録はこちら>>

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 100歳超え増加もコレ以上は無理。「寿命の上限」が判明ー米大学
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい