GUとZARA、ファストファッション業界の「勝ち組」に共通すること

1280px-GU_Meinohama_Shop2013
 

ユニクロを展開するファーストリテイリングが立ち上げた、ユニクロより低価格なカジュアル衣料品店「GU」(ジーユー)の業績が好調です。メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』の著者でMBAホルダーの理央周さんは、GUなどのファストファッション、100円ショップ、ファストフード店など、デフレの世相を反映した低価格を売りにする店舗が、同業他社と差をつけるために行っている、「安さ以外の秘訣」を考察しています。

GU、ZARAをはじめとするファストファッションが元気なのはなぜか?

ユニクロなどを展開するファーストリテイリングが10月13日に発表した2016年8月期決算によると、ジーユーの売上高は1878億円前年同期比32.7%増)、営業利益222億円34.8%増と大幅な増収増益となったとのこと。

ニット、スカンツ、ワイドパンツなど、ウィメンズのトレンド商品の販売が好調だったことから、既存店売上高は2ケタ増収となった(流通ニュースより)。

ジーユー/8月期は売上高32.7%増、営業利益34.8%増

期末のジーユーの店舗数は海外10店を含めて350店に達し、31店の純増となった。

衣料小売りチェーン「ZARA(ザラ)」を展開するスペインのインディテックスも、一時期ほどの勢いはないにせよ元気がある。

今日もテレビの情報番組を観ていたら、イタリアで開催されているミラノコレクションの特集をやっていた。

その中の一つのコーナーで、この時期ミラノのストリートを歩くモデルたちへの街頭インタビューで、普段着のブランドをチェックするというものがあった。

レポーターが、道行くモデルに「今何を着ているのか?」を聞くのだ。

多くは「これからオーディションに行く」という新人モデルだということだったが、経歴としてはD&Gやカルティエなど複数のデザイナーのコレクションやショーにも出たことがあるモデルたちだった。

そしてその大半がZARAを着てるのよと答えていた

今日、ショッピングモールに行ったので、店舗を観てみたら、ZARAの、特にレディースの方の売り場には20代から40代の女性を中心にかなり混んでいたのだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • GUとZARA、ファストファッション業界の「勝ち組」に共通すること
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい