シェア7割でぶっちぎり。タイムズのカーシェアは何が凄いのか?

tempo20161128
 

マイカー離れが進む昨今、自動車販売店にかわって「カーシェアリングサービス」が次々に登場しています。その中でも群を抜く支持を集めているのが、パーク24が運営する「タイムズカープラス(TCP)」です。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、同社の強さの秘密を支柱となる「駐車場事業」と絡めながら分析しています。

タイムズのカーシェアが「シェア7割」のワケ

駐車場最大手パーク24が運営するカーシェアリング(自動車を複数の人が共同で使用するシステム)の「タイムズカープラスTCP)」が絶好調です。

2009年5月にサービスを開始し、11年10月期には8.5億円の営業赤字だったTCPは、14年10月期に通期で初となる黒字を実現、15年10月期は12.6億円の営業黒字となりました。今期は、売上高は185億円、営業利益は24億円を目標としています。

交通エコロジー・モビリティ財団によると、16年3月における国内のカーシェアリングの会員数は84万6,240人とし、1位がTCPの60万997人、2位がオリックスカーシェアの14万9,137人、3位がカレコ・カーシェアリングクラブの4万133人となっています。TCPは国内で71%のシェアとなり独走状態です。16年10月末の会員数は71万9,434人となっています。国内でのカーシェアリングはオリックス自動車が02年より初めて開始しましたが、後発のTCPが抜き去ったかたちです。

パーク24は中核事業である駐車場事業も好調で、同社の業績は右肩上がりで成長を続けています。16年第3四半期決算は、売上高は前年同期比8.1%増の1,420億円、営業利益は20.0%増の149億円となっています。16年通期では過去最高となる売上高1,920億円(前年同期6.8%増)、営業利益は212億円(同13.2%増)を計画しています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • シェア7割でぶっちぎり。タイムズのカーシェアは何が凄いのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい