遊べる本屋はどこ行った? 失速「ヴィレッジヴァンガード」の矛盾

shutterstock_136458284
 

ユニークな品揃えでコアなファンを持つ、書店らしくない書店「ヴィレッジヴァンガード」が苦戦を強いられています。「サブカルの聖地」とまで言われた同店に一体何が起きているのでしょうか。自らも「ヴィレヴァン」のファンだという、メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』の著者でMBAホルダーの理央周さんが探ります。

ヴィレッジヴァンガードは立ち直れるのか? ~遊べる本屋復活へ

私の地元・名古屋に本社を置き、ユニークな書店として全国展開している「ヴィレッジヴァンガード」が苦戦している。ヴィレッジヴァンガードといえば、「遊べる本屋」のコンセプトのもと、ユニークな品揃えとオリジナリティ溢れる店内の装飾などで、独自のポジションを築き上げてきた。

しかし、私がよく行っていた名古屋の本山店が、昨年3月に閉店。一般の書店にはなかなか全巻揃っていない漫画の名作、「ジョジョの奇妙な冒険」を大人買いしたことなどもあり、閉店を残念に思っていたところに、

同社は8月1日、エスニック雑貨を販売する子会社のチチカカを、金融情報配信会社フィスコ(ジャスダック上場)の親会社であるネクスグループに売却した。チチカカはこの2年間、ヴィレヴァンの業績の足を引っ張ってきた赤字子会社だ。

 

これに伴う処理で、ヴィレヴァンは2016年5月期の連結決算で43億円もの最終赤字を計上。結果、数年前まで5割を超えていた自己資本比率は26.3%に低下。2012年12月末時点で140億円近くあった利益剰余金は、2度の最終赤字でほぼ半減、今回の処理で31億円にまで減った。

(東洋経済オンライン)>

などと、決算に関し苦戦している様子の報道も多い。

ヴィレッジヴァンガードという「店」

ヴィレッジヴァンガードといえば、私が社会人2年目の時に、名古屋市天白区に第1号店ができた。その店をたまたま見つけふらっと立ち寄り、最初入った時に「これは雑貨屋なのか、それとも本屋なのか?」と感じたことを覚えている。まるで倉庫のような店内に、本好きの私は本屋というよりも、なにか「ゲームセンター」にいるような感覚を感じたものだった。

今でこそ遊べる本屋的な店は多いが、ヴィレッジヴァンガードは、その創始者であり、今でも総本山であると言える。サブカル好きにとってはまさに聖地」なのだ。

今でも、店に行くと独特の黄色いPOPに、手書きで書いてある、独特なフレーズのキャッチコピーが素晴らしい。あのPOPを見ているだけでも、楽しくなってしまうことは今も変わらない。

print
いま読まれてます

  • 遊べる本屋はどこ行った? 失速「ヴィレッジヴァンガード」の矛盾
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け