実は台無し。お洒落だが読みにくい店先の黒板が客足を遠ざけてる

shutterstock_213109795
 

「今日もヒマだ~」なんてボヤいている店員さん、お客様が集まらない原因は、集客のためにと店先に置いてある「店頭ボード」のせいかもしれません。今回の無料メルマガ『目指せ! 販売の達人 ~販売力向上講座~』では、著者で接客のプロ・坂本りゅういちさんが、お客様が入りやすさを感じるボードの書き方を伝授。大切なのは書体やイラストではなく、「自分の店に来る客層をよく知ること」とのことですよ。

表現は誰のため?

この数年はオシャレなカフェが増えてどこに行っても良い雰囲気のカフェに入ることができます。オシャレなカフェは外観からもうオシャレで、「このカフェに入ったらどんな体験が待ってるだろう」とわくわくしますよね。私もPCを持ち込んでカフェで仕事をすることが多いため、そのあたりにはちょっと興味を持っています。

で、少し話は変わるのですが、そういうカフェの前にはブラックボードなどにメニューやコンセプトを書いてあることがあります。カフェに限らず、そんな表示でオシャレ感を演出している店はたくさんありますね。

ただ、以前ある商業施設で見たカフェはその表記に少し問題がありました。まったく読めなかったのです。正確には読めても何のことかよくわからないということでしょうか。

それはすべてアルファベット表記で「coffee」くらいはわかるのですが、それ以外の表記はどんなメニューなのかさっぱりわかりませんでした。私が英語が苦手というのも問題ですけど、それでもこんなに理解できなかったのははじめての経験でした。

実はその施設のお客様は大半が子供連れのママさんばかり。私が通った時間帯もちょうど子連れのママさんだらけでした。しばらく店の前を観察していても、案の定誰もボードには見向きもしません。見ても一瞬でそっぽを向いてしまいます。当然店内はガラガラです。

この店のボードには2つ大きな問題があります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 実は台無し。お洒落だが読みにくい店先の黒板が客足を遠ざけてる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい