脱衣所の「温泉成分で床が滑りやすくなってます」はウソだった

 

大山氏はもともとビルなどの清掃会社を営んでいたが、あるときに温泉施設の清掃に関わって、温泉成分のスケールに歯が立たない、という経験をし、会社をたたんで薬剤メーカーに4年間勤務して、今の会社を興したという人である。僕の知る限り、温泉施設の清掃に関してこれほど現場を知り尽くしている人に出会ったことはない。

少し宣伝臭くなってしまったが、「温泉成分で床が滑るのは、清掃の手抜きまたは泉質に応じた対策を怠っているだけ」という話には納得できる。

お風呂の安全対策にはさまざまな提言をしていて、特に、夜間の照明はもっと明るくすべき、という意見には共感した。露天風呂への通路や、浴槽回りの照明が暗過ぎて危険な施設をしばしば見かける、夜間の転倒事故が多いのはおそらくこれが原因だと思う、と言っていた。湯気もほどほどに換気して視界を保つことが重要とも話していた。

ただ、星空が見える露天風呂は、正直なところ明るすぎるとつまらないし、湯気でもうもうとしているお風呂というのは、やっぱり魅力的でもある。「ほどほどに」という言葉に、大山氏の温泉愛を感じる気がしたものだ。

少し話がそれたが、入浴中の事故は後を絶たないわけで、それを可能な限り減らして行くために重要なことは、なんたって真面目な清掃なのだ。

image by: Shutterstock.com

 

飯塚玲児この著者の記事一覧

温泉業界にはびこる「源泉かけ流し偏重主義」に疑問を投げかけた『温泉失格』の著者が、旅業界の裏話や温泉にまつわる問題点、本当に信用していい名湯名宿ガイド、プロならではの旅行術などを大公開!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断! 』

【著者】 飯塚玲児 【月額】 初月無料!330円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日or木曜日配信 発行予定

print

  • 脱衣所の「温泉成分で床が滑りやすくなってます」はウソだった
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け