女性は理解不能。なぜ男は「悩みを相談したら負け」と思うのか?

shutterstock_394819852
 

女性はちょっとした悩みでも誰かに打ち明け、自分自身のストレスを発散したり、気持ちを整理したりするものですよね。もはや「悩み自体の解決は二の次」のようなところすらあります。しかし男性は女性に比べるとあまり相談はしませんし、奥さんにさえ黙っているという人も珍しくありません。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんがこの謎について、「男性脳」と「女性脳」という視点で分析しています。

相談しないんだって

さて、本日は何もしない人たちのお話。

アンケートに答えてください。あなたは仕事でとてもメンドーなもめ事に巻き込まれてしまいました。何をやっても状況が悪くなりそうで、うんざりしているとします。そんなとき、誰に相談しますか?

  • 会社の同僚
  • 古くからの友人
  • 他部署の知人
  • 家族
  • 上司
  • セミナー講師
  • 夫または妻
  • 行きつけのお店のマスター
  • ワンコ(笑)

女性ならこのうちいろいろ相手を考えると思います。他方、男性の答えでダントツなのが、

  • 誰にも相談しない

という回答なんです。いや、相談するのは前提で、その相手が誰なのかってハナシをしているんじゃなかったっけ。誰にも相談しないということは、1人で抱え込んでしまってオシマイということです。

こんなことを続けていたら、ストレスが溜まってしまうに違いないのに。しかもメンタル面が不調にならないために気をつけていることは? という別の問いでは女性が

  • 食事の内容や睡眠時間に気をつける
  • 愚痴を言ってストレスをはき出すようにする

などと答えているのに対して、男性のダントツ回答

  • 特に何もしていない

なんですって!(@@)w

つまり、モンダイがあっても誰にも相談せずストレスを1人で抱え込み対策は何も立てないということです。そんなことしていたら、そりゃプッツンくるわ。

print

  • 女性は理解不能。なぜ男は「悩みを相談したら負け」と思うのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け