【大阪・宇野辺】ラーメン官僚が「正真正銘の必食店」と絶賛、究極の鶏白湯【麺や紡】

79ace22dfac485f4d0be4d2c9aeb0a62 copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、大阪・宇野辺「麺や紡(つむぐ)」の熟成らー麺。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚をして、この非の打ちどころのなさは異次元の領域と言わしめた、麺や紡の「熟成らー麺」のお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺や紡

麺や紡(つむぐ)@宇野辺にて、熟成らー麺。

大阪府屈指、人によっては「大阪ナンバーワン」と評する方もいるほどの超実力店。

私の近畿圏における最大級の宿題店だったが、この度、ついに訪問が叶った次第。

2417dbe30d3f3bac091b2b66a3ecc54a copy

まずはひと言。これは美味い! 美味過ぎる!!

私がオーダーした「熟成らー麺」は鶏白湯魚介。

79ace22dfac485f4d0be4d2c9aeb0a62 copy

このタイプのラーメンは、他との差別化が相当困難な部類に属するが、スープを啜った瞬間に拡がるうま味のクオリティや厚み、スープが喉を通り過ぎる際に生まれる余韻の質に至るまで、全てが図抜けている。

味覚中枢があまりにも素直にスープを受け入れてしまうので、戸惑いを覚えてしまったほどだ。

このスープに合わせる麺も、完璧のひと言。

鶏のモミジを軸とする重厚感のあるスープを真正面からガッシリと受け止める、存在感に満ち溢れた自家製麺であり、まさに「このラーメンの最適解」と言うほかない。

これが、鶏白湯の究極の到達点か。

ラーメン超激戦区大阪においても、この非の打ちどころのなさは異次元の領域。

時間を無理矢理捻出してでも足を運んでおきたい、正真正銘の必食店だ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

麺や紡

営業時間 (月、火、木、金)11:00~15:00

住所 大阪府茨木市宇野辺2-1-24

定休日 水、土、日曜

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 【大阪・宇野辺】ラーメン官僚が「正真正銘の必食店」と絶賛、究極の鶏白湯【麺や紡】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け