安倍総理は「腕はあるのに売れないバンドマン」に似てる説

 

独裁への道

民主主義が確立されていない国では、こういうフィードバックが成り立ちません。

為政者は、徐々に政敵を失脚させていく。マスコミを支配下においていく。野党を骨抜きにしていく。そして、気がつけば、「誰も為政者を批判できない」状況が作られている。

私は、日本のマスコミが、毎日安倍総理の悪口を言っているのを見て、「マスゴミめ!」とは思いません。むしろ、日本の全メディアが「安倍総理のされることはすべて正しい」とか言い始めたら、かなりヤバいです。

北朝鮮や中国で許されないことは何でしょうか? そう、為政者の悪口を言うことです。だから、マスコミが総理の悪口を言うのを見て、私は、「日本はまだ大丈夫だ」と思うのです。

それでも、安倍続投が日本の為

今回の大敗で安倍内閣のパワーが落ちるのは避けられません。それでも私は、安倍総理が今後数年、政権の座にとどまることを願っています。

私は、「安倍絶対支持者」ではありません。「3K外国人労働者大量受け入れ」など、いろいろ支持できない政策もあります。では、なぜ安倍総理続投を願うのでしょうか?

日本最大の問題は、「中国」です。中国は2012年11月、「反日統一共同戦線」戦略を打ち出しました。皆さん、ご存知ですね。

  • 中国、ロシア、韓国で、「反日統一共同戦線」を作るべし!
  • 中ロ韓で、日本の領土要求を断念させるべし!
    断念させるべき領土とは、北方4島、竹島、尖閣・【沖縄】である。日本に【沖縄】の領有権はない!!!
  • 【アメリカ】を反日統一共同戦線に引き入れるべし!

(● 絶対必読証拠はこちら→反日統一共同戦線を呼びかける中国

安倍総理は、この戦略が発動された直後に総理になった。2013~14年初めにかけて、総理は中国の戦略にヤラレていました。しかし、その後は、この戦略を無力化することに成功されています

今、日本はどうなっているのか? アメリカやインドと良い関係にある。そればかりでなく、ロシアとも良い関係にある。これは、「驚異的」なことです。総理は、オバマさんの反対を押し切ってプーチンと和解し、なおかつオバマさんと良好な関係を維持した。トランプさんは、自分も「本音親ロシア」なので、日本の邪魔をしません。

安倍総理は、アメリカ、インド、ロシア、その他の国々と良好な関係をつくることで、事実上の「中国封じ込めに成功しているのです。他の政治家に、これができるか? 私は、難しいだろうと思います。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 安倍総理は「腕はあるのに売れないバンドマン」に似てる説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい