安倍総理は「腕はあるのに売れないバンドマン」に似てる説

kitano20170704
 

東京都議選で歴史的大敗を記した自民党。「安倍官邸に責任がある」との声も聞かれますが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢にも詳しい北野幸伯さんは、「それでも安倍総理のこれまでの功績は大きく、日本には必要な人である」と評価。その一方で、「国民の声を聞いていない」との苦言も呈しています。

ロシアから東京都議会選挙を見ると

皆さんご存知のように、7月2日、東京都議会選挙がありました。小池知事の「都民ファーストの会が圧勝自民党惨敗。日本のテレビも新聞も、この件だらけでしょう。

ですから、「都民ファーストが何議席、自民が何議席」といった話はしません。「ロシアから今回の選挙を見ると」という話をします。

自民大敗は、「民主主義」

日本では、少し前まで「安倍一強」と言われていました。安倍内閣の支持率は高かった。政党支持率で、自民党が一人勝ち。自民党内では、安倍さんの一人勝ち。ところが、

  • 森友学園問題
  • 加計学園問題
  • 豊田議員の秘書いじめ
  • 稲田大臣の失言

などなどで、自民党は歴史的大敗を喫した。こういうのをロシアからみると、「嗚呼、日本は民主主義の国だな」と思います。

為政者やその政党が傲慢になり、増長したら、国民は選挙を通してお灸をすえることができる。これができるのは、実を言うと「とてもうらやましいこと」なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 安倍総理は「腕はあるのに売れないバンドマン」に似てる説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい