漫画の神様・手塚治虫の人生は、算命学的に見て幸せだったのか

 

慌ただしく働き続け、漫画家として大きく成功し、60歳で人生を終えることが手塚治虫先生の運命だったのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。適切な時期に適切なブレーキをかければもっと長生きできた可能性はあります。

ただし、生き甲斐でもある漫画の仕事を途中で諦めなければならなかったかもしれません。仕事に人生をかけるのが幸せなのか長生きすることを優先させるのが幸せなのか、最後は、ご本人がどう受け止めるかが全てだと思います。だから、人様の人生に他人が「より良いアドバイス」などできるわけがないのです。

もし本当に、算命学を使ってご自分の人生を最大限に生きたいのであれば、自分で算命学を勉強するしかありません。そうすれば、例えば寿命を縮めてでもやりたいことをやるのかどうか、自ら究極の選択をすることも可能です。

他人である鑑定士は、少なくとも私には、無難なアドバイスしかできません。

天命を知って、人事を尽くそう!

image by: Flickr

『占い中毒にご用心』

『占い中毒にご用心』

この著者の記事一覧はこちらから

算命学を活用した大人のための人生設計術をお伝えするメルマガです。「なぜこんなもので人生を語れるのかわけわからんが、あなどれないことだけは間違いない」と考える著者の「磯野はまぐり」は算命学研究家ですが、元々は科学者で、時々投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日一家の台所担当重役だったりします。ほぼ日刊でお届けしています。

  •  この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

print

  • 漫画の神様・手塚治虫の人生は、算命学的に見て幸せだったのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け