なぜ中国は「北海道」の土地を買い漁るのか? 狙われた永住権

 

北海道が中国の“北海省”になる日も遠くない? 事態は逼迫(NEWS ポストセブン)

さらに衝撃的な数字として、産経新聞の宮本雅史氏によれば、すでに北海道中国に2411ヘクタール、東京ドーム400個分の土地が買収されているといいます。しかもこれは水源地に限られるデータで、それ以外の土地を含めると、その10倍以上の東京ドーム5000個分も買収されている可能性があるといいます。

北海道を取材した宮本氏によれば、中国人に買収された土地近隣では中国語や中国文化学習が行われているそうで、中国人による北海道の乗っ取りや、中国の拠点化が懸念されています。

「爆買いされる日本の領土」宮本雅史氏(日刊ゲンダイ)

また同氏によれば、中国人は沖縄を訪問すると観光ビザが90日に延長されるという規制緩和を利用して沖縄に入り、それから北海道に渡って90日間で法人を設立し土地を探して法人名義で購入しているそうです。これは2011年から始まった「沖縄を訪問する中国人個人観光客に対する数次ビザ発給」を利用しているのでしょう。

沖縄を訪問する中国人個人観光客に対する数次ビザについて(外務省)

そしてその法人の資本金が500万円以上、従業員が2人以上常駐すると、中国人経営者は、中長期在留のための経営・管理ビザを取得でき、さらに滞在年数が10年を経過すると永住権が取得できるのだそうです。

こうして中国人は、日本の水源地取得以外にも、永住権を狙っているといいます。また、北海道のみならず、沖縄などでも中国資本による土地買収は拡大の一途を続けています。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • なぜ中国は「北海道」の土地を買い漁るのか? 狙われた永住権
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け