なぜ英語でノートをとるだけで「英語力」がぐんぐん上がるのか?

金田博之 英語ノート術
 

以前掲載の「英語ができず一生後悔。急な海外出張をチャンスに変えるノート術」で、グローバル会議での心得や英語の質問の特徴などを紹介してくれたメルマガ『金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道』の著者・金田博之さん。今回は、実際に「英語ノート」を作るとどんなメリットがあるのかを具体的にあげつつ、ノートをとる時のポイントも公開しています。

あなたの職場で英語ノートを使うとこんな「メリット」がある!

前回のおさらい

前回は、会社で「10分間のプレゼンテーション」がうまくいったと仮定してそのミニサクセスストーリーをノート(成長日記)に書く方法を説明しました。

成長日記の活用方法として

  • 虎の巻
  • 振り返りによる成長の実感

についてもふれました。

まだまだ全体像を説明しただけで、これからもっと詳細にノート術の工夫を説明していきます。

今日は、ノートそのものについてお話しします。

仕事をしている方は、必ずといっていい割合でノートをお持ちだと思います。

このメルマガで紹介するノート術を駆使していく癖を徐々につけるようにしていきましょう。

もし難しければムリして全てを英語で書く必要はないです。

そのうちお伝えしますが、いきなり全てを英語で書くのではなく、会議や打ち合わせの内容を箇条書き程度で英語でノートに書いてみる(例えば会議で決まったTo Doを英語で書く)。

会議や打ち合わせなどで得た重要なキーワードやセンテンスだけを英語で書いてみる。

など、自分ができる範囲からスタートしていただくとよいです。

「ノートをとるだけで、本当に英語が上達するのか?」

と思われる方もいるかと思いますが、答えはもちろんイエス。

このノート術が一番効率よく英語を習得することができる方法なのです。

今日は、 そんなノートを職場で活用するメリット」についてお話しします。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ英語でノートをとるだけで「英語力」がぐんぐん上がるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい