「神」になりたい習近平が狙う、「台湾併合」という名の悪夢

kitano20171027
 

党内で求心力を失い、立場が危ういとの声も聞かれた中国の最高指導者・習近平氏ですが、無事2期目を迎えることができそうです。悲願であった「習近平思想の党規約への盛り込み」も実現、これにより願いどおり習氏は「神」になることができるというのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんの見解は?

習近平は、「神」になりたがっている

日本では、自民党が衆院選で圧勝、安倍さんの続投が決まりました。一方、中国では、習近平さんの2期目が始まります。安倍さんと習近平さん。政権についたのは、共に2012年。まさに「ライバル」の関係。

民主主義国家日本の総理安倍さんは、「民心は移り変わりやすい」ことを知っています。皆さん思い出してください。安倍政権の支持率は7月20%台まで下がっていたのです。それで自民党の皆さんは、「勝っても謙虚に、謙虚に」といいます。そのとおりですね。

一方の中国。習近平さんは、「謙虚」ではありません。逆に、「自分は毛沢東のような神のごとき偉大な指導者になるのだ!」という意欲満々です。証拠は、こちら。

中国共産党、「習氏思想」を党規約に盛り込む 毛沢東以来の権威

BBC NEWS 10/24(火)18:00配信

 

18日から北京で開催されていた第19回中国共産党大会は24日、習近平総書記(国家主席)の政治理念を党規約に盛り込む改正案を承認した。習氏は毛沢東以来の権威を手に入れた。

習近平思想」が党規約に盛り込まれた。これで彼は、「毛沢東以来の権威を手に入れた」そうです。なぜ? 中国には、これまで5人の最高指導者がいた。毛沢東、鄧小平、江沢民、胡錦涛、習近平。そして、毛沢東思想がある。鄧小平理論がある。江沢民思想とか胡錦涛思想はない。しかし、習近平思想はある。で、習近平「思想」と鄧小平「理論」では、「思想の方が上である。

つまり、中国の歴代指導者の中で、一番偉いのは思想の毛沢東と習近平、その次は「理論」の鄧小平、一番下は江沢民と胡錦涛、ということなのです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「神」になりたい習近平が狙う、「台湾併合」という名の悪夢
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい