京都が荒らされている。急増「外国人向け」闇観光ビジネスの実態

 

タクシーを見てみましょう。

現在、京都の「闇観光でもっとも稼いでいると言われるインバウンド専用の「闇タクシー」(いわゆる白タク)は、オンライン上で決済を行うか、母国ですでに支払いを終えており、日本国内で現金の取引がないため実態が掴めないのが現状です。

年間で最も稼げる紅葉シーズンの今週、京都のタクシー利用客は激減しています。

その理由は明らかで、「闇タクシー」が増大しているからに他なりません。

京都は、地元タクシー業者が強くUberなどのシェアライドが一切ありません

そこで、海外からの観光客専用の「闇タクシー」が、条例や法律とは関係なく急増しているのです。

日本と違い、京都に来る観光客の大半である東アジア諸国は、急速に現金使用率が少なくなっており、お金の電子化が進んでいます。

かつて、「京都に遊びに行くのに、財布はいらない」と言われ、馴染みのお茶屋が宿泊代金から移動費、食事代にお小遣いまで、すべてを立て替えていたのが、京都の流儀でした。

そのサービスが、諸国の電子決済の普及とともに「サービス移転」しているかのように見受けられます。

もうじきすれば、海外からのゲストこそ、「京都に遊びに行くのに財布はいらない」と考えるようになってしまうのかもしれません。

政府は、東京オリンピックが開催される2020年に4000万人の訪日客誘致をめざしていますが、法律や条例の整備が遅れているだけでなく、いまの日本が世界の事情に合わないことも多いため、その差を埋めるように「あたらしい闇」が勃興し、観光地はますます混乱を極めることが予測されます。

2020年に観光パニックに陥るのは、1000万人都市東京ではなく、140万人都市京都なのです。

世界有数の観光都市・京都で、いま起きていることは、今後、日本全国で起きるでしょう。

時代は、「反観光」に大きく舵を切るかもしれません。

image by: Shutterstock.com

高城剛この著者の記事一覧

高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けするメルマガ「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 高城未来研究所「Future Report」 』

【著者】 高城剛 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く)予定

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 京都が荒らされている。急増「外国人向け」闇観光ビジネスの実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい