ペッパー君が飽きられ始めている。何が「足かせ」になったのか?

 

AIにキャラを持たせる工夫

もちろん、ペッパーもそこは十分意識して開発されており、Google HomeやApple Siriが比較的無感情・無機質な応対をするのに比べ、ペッパーは「皮肉屋」のキャラを演じて自虐ネタを言ったりします。

ペッパー開発者の林さんも、メディアのインタビューで「キャラを持たせた方が、人間のリアクションを予想しやすく自然な会話に誘導しやすい」と答えています。

ただ、やっぱり形状が人型である限りはユーザーの期待値を下げるのに限界があるので、ペッパーのポジショニングには難しさが付きまといます。

もちろんペッパーはクラウドAIと繋がっているので、今後バックグランドのAIが賢くなればそれなりに消費者の期待値に近づいてくるはず。

そのスピードを上げられるかが、ペッパー君がスクラップ工場行きになるかどうかの運命を決めそうです。

ドラえもんとブレードランナー

AIにキャラを持たせる試みは、マイクロソフトの「りんなちゃん」をはじめ、各社が取り組み始めています。

りんな(人工知能)

またビデオゲームの「龍が如く」が、本物の俳優・女優をモチーフにすることで、完全な創作キャラよりもリアリティを出すのに成功していることも、同じ線状にある話です。

そっくり!【龍が如く】の登場人物がモデルとなった芸能人に似すぎている

元をたどれば、ドラえもんでも鉄腕アトムでも、日本のロボットはキャラを持っていたわけで、案外キャラ付きAIが本格的に社会に浸透し始めると、最も早く普及するのは日本かもしれません。

AI=アンドロイド(レプリカントと呼ぶ)と人間の混じり合った世界をいち早く予見し、生命モラルを含めた深遠な問題を描いたのが1982年公開の映画『ブレードランナー』(原題:Blade Runner)です。

ブレードランナー

今年10月に公開された『ブレードランナー 2049』は、人間の生命に関わるさらに踏み込んだ問題を提起していますが、もともとレプリカントが「人間らしくなる=キャラを持つ」ための工夫として考案されたのが、「誰かの記憶を埋め込む」という手法でした。

ただ、レプリカント自身が自分の記憶が自分の経験したものなのか、外から埋め込まれたものなのかわからないために、アイデンティティクライシスに陥り、人間と同じように、というより人間以上に人間らしく苦悩します。

ただ「機械学習」が進むと、AIは本当に自律的に学ぶ」ようになるため、より人間的になり、人間が記憶を埋め込まなくてもアイデンティを持つようになるかも知れません。

その時は、Googleは今のような単なるスマホOSではなく、まさに本物そっくりの人型ロボット「アンドロイド」を発売することになるでしょう。

image by: MAG2 NEWS

若林計志『MBA流 大人の学ぶ技術』

『MBA流 大人の学ぶ技術』

著者/若林計志記事一覧メルマガ

日本最大級の海外MBA統括責任者を務めた著者によるメルマガ。MBAのフレームワークや理論などを応用しながら、社会問題やニュースを分析。またフローパッド(FlowPAD)最新情報、オンラインコミュニティ運営のノウハウなども連載。

  •  この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • ペッパー君が飽きられ始めている。何が「足かせ」になったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい