【新宿】ラーメン官僚を刺激、シルクみたいな柔らか麺肌【花よ】

cdfbc38848ae3b4365fc4e3c11d6520b copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、新宿・若松河田「麺や花よ」の味噌。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、シルクみたいに柔らかい麺を褒め称えた、「麺や花よ」の味噌ラーメンのお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺や花よ

麺や花よ@若松河田にて、味噌。

本年2月から定期営業を開始した、『麺庵ちとせ』のセカンドブランド。

b6c0b6bcaf8cb89fef425fe306d7bedb copy

オープンは、2017年12月。

オープン後しばらくの間は不定期で営業していたが、今月からは、『ちとせ』の夜営業時の業態として本格的に営業を開始。

現在は、熟成味噌を使用した「味噌ラーメン」と、それに桂皮・八角・花椒等のスパイスを加えた「辛味噌ラーメン」を、レギュラーメニューとして提供している。

「味噌ラーメン」を注文させていただいた。

cdfbc38848ae3b4365fc4e3c11d6520b copy

鶏、豚等の分厚いコクが印象深い動物系出汁に、静岡県産の四季熟成本仕込味噌を丁寧に折り重ねた1杯は、ふわりと宙を舞う穏やかな香りが、鼻腔を心地良く刺激。

チャーシューの上に美しく盛り付けられた「おろし生姜」がスープに溶け出すにつれ、生姜の清々しい辛みが味噌の甘みを引き立て、味わいがより一層、和のテイストへとシフトしていく。

このスープに合わせているのは、自家製太平打ち麺。

思いっきり啜り上げると、シルクのように柔らかな麺肌が、軽やかに喉元に接触。

派手な要素こそないが、名店ならではのダイナミズムが感じられる良杯だ。 

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

麺や花よ

営業時間 19:00~21:30

住所 東京都新宿区市谷台町18-5

定休日 水曜、日曜、祝日

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 【新宿】ラーメン官僚を刺激、シルクみたいな柔らか麺肌【花よ】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け