青山や中目黒の奥様が殺到、パリ発「冷凍食品スーパー」が急拡大

2018.02.26
677
ピカール picard
 

自由が丘や麻布十番、代官山や中目黒といった都内のお洒落エリアを中心に6店舗を展開し、『「エフォートレス」な暮らしの提案』というコンセプトが高感度な女性に受け入れられつつある、フランスに本社を置く冷凍食品専門スーパー「ピカール」。冷食につきまといがちな「手抜き感」や「不健康」といったマイナスイメージを完全払拭したことで欧州では大人気を誇る同店、日本の食生活を変えるような存在となることはできるのでしょうか。フリー・エディター&ライターでビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが考察します。

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)
兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。

東京に6店、パリ発冷凍食品専門スーパー「ピカール」は日本の食生活を変えるのか!?

美食の国、フランスの“国民食”とまで言われ、生活に密着した冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」が日本に上陸。高感度の働く女性が多い東京都心部で、その利便性と家庭的な味見た目の華やかさが評価されて順調に店舗数を伸ばしている。

2016年11月に、青山・骨董通りに日本1号店を出店。昨年12月8日にオープンした自由が丘店で、6店目となった。これまで出店しているのは、青山、麻布十番、中目黒、代官山、品川シーサイド、自由が丘で、都内西部南部の所得の高い地域に店舗を広げている。

「ピカール」は世界8ヶ国、フランスを中心に、イタリア、スイス、ルクセンブルク、ベルギー、スウェーデン、イギリス、そして日本で、1,000店以上を展開する流通大手。コンセプトは「エフォートレス」な暮らしの提案で、「エフォートレス」とは最近、ファッションでよく使う用語であり、「頑張り過ぎずに素敵に生活する」を意味する。

女性の社会進出が進む中、仕事と子育てを両立する上で、全ての料理を素材から手づくりしなくてもより良い食生活が送れると、提案している。

「ピカール」の店舗では自社ブランドで、前菜から、メインの肉や魚のメニュー、パスタ、パン、デザートまで、食事の全てが揃う。しかも合成着色料不使用、保存料の使用を抑えるなど、飽きの来ない味やSNS映えする見た目のみならず、安全・安心に配慮した品質面でもこだわり抜いた商品群をラインナップ。

ピカール代官山店 店内 copy

ピカール代官山店 店内

本国、フランスでは「好きな食品ブランドランキング」調査で、7年連続で1位を獲得するほど浸透している。フランス国内での年商は、約14億ユーロ約1,848億円、1ユーロ=132円換算)となっている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 青山や中目黒の奥様が殺到、パリ発「冷凍食品スーパー」が急拡大
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい