3月20日までの天体ショー。めったに見られぬ水星を西の空に探す

shutterstock_772512949
 

金星や土星、木星などと異なり、めったに見ることができないとされる水星。しかし今、そんな水星を観察できるチャンスが巡ってきています。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』の著者でご自身も天体観測を趣味のひとつとしているという須田將昭さんが、「夜空の水星の探し方」をレクチャーしてくれました。

水星を探してみよう

水金地火木土天海…

太陽系の惑星を内側から順に並べて、最初の一文字だけをつなげるとこうなります。

  • 水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星

ですね。このうち、地球より太陽に近い二つの惑星水星と金星は内惑星と呼んでいます。地球から見て太陽に近いわけですから、地球に一番近づくときには、太陽と重なってしまい見えません(昼間ですね)。また遠くにある時には、太陽の向こう側ですが、これもまた昼間になるので見えません

地球を挟んで、太陽と水星・金星が反対側にあるという並びにはならないので、真夜中に見ることはできません

見えるのは日没後の夕方か日の出前の朝方です。太陽が隠れていてその光が遮られている時の限られた時間だけです。

このうち、金星は比較的見るチャンスは多いですね。明けの明星、宵の明星と昔から親しまれています。とても明るいのでまだ日の光が残っていても見つけられます。「一番星、見ぃ~つけた」と言いたくなるでしょう。

一方、水星は太陽に近いので見るチャンスが非常に限られています。太陽から離れている時でも、高度が低く見つけにくいのです。3月16日は太陽から見かけ上もっとも離れたところに位置する日で(東方最大離角と呼んでいます)、このところ見やすくなっています。しかも金星がセットですから、探しやすくなって
います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 3月20日までの天体ショー。めったに見られぬ水星を西の空に探す
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい