スパイ暗殺未遂事件が引き金?漂い始めた欧米 vs ロシア冷戦の気配

kitano20180320
 

イギリスのショッピングセンターで、同国とロシアのダブルスパイだった人物とその娘が意識不明の重体で発見された事件が、世界中で話題となっています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でロシア在住の北野幸伯さんは、全く異なる欧米諸国とロシアの見解を紹介した上で、今後「欧米 vs ロシア」の戦いが始まる可能性を示唆しています。

世界を揺るがす、ロシア人ダブルスパイ暗殺未遂事件

イギリスでは、「冷戦2が始まった!と大騒ぎになっています。何が起こったのでしょうか?

順番にお話ししていきましょう。事件は、3月4日に起こりました。

「元英国のスパイ」 ロシア人男性ら重体 「未確認物質に暴露」

3/6(火)9:47配信

 

【AFP=時事】英国警察は5日、イングランド南部のソールズベリー(Salisbury)で60代のロシア人男性と30代の女性が「未確認の物質に暴露」され意識不明の重体になる「重大事象」が発生したと発表した。現地の報道はこの男性はかつて英国のスパイだったと伝えている。

ロシア人男性と女性が意識不明の重体。で、男性はイギリスのスパイだった。これは、なんでしょうか?

スクリパリ氏はロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の元大佐。英国のスパイとして活動していたとして2006年にロシアで禁錮13年の判決を受け、2010年に米国・ロシア間でスパイ交換が行われた後、英国に亡命していた。
(同上)

狙われたスクリパリさんは、もともとロシアの諜報員だった。ところが、イギリスに情報を提供していた、いわゆる「ダブルスパイ」だったのです。ロシアでは、「裏切り者」として有名です。

さて、誰が暗殺を企てたのでしょうか? そう、皆さんの脳裏にプーチンの顔が浮かびましたね? イギリス側の発表もそうでした。

元スパイ襲撃、ロシアによる犯行の「可能性大」 英首相

CNN.co.jp 3/13(火)12:03配信

 

ロンドン(CNN)英南部ソールズベリーで4日、元スパイのロシア人男性らが神経剤で襲撃された事件について、英国のメイ首相は12日、ロシアによる犯行の可能性が「非常に高い」との見方を示した。

ロシアによる犯行の可能性が非常に高い』」そうです。

メイ氏は下院で、犯行に使われた毒物が旧ソ連で1970年代に開発された「軍用級」の神経剤「ノビチョク」と特定されたことを明らかにした。英外務省がロシア大使を呼び、国家による直接の犯行か、あるいは政府が神経剤を管理できなくなっているということかという点について説明を求めたという。
(同上)

メイさんは、二つの可能性をあげました。

  1. 国家による直接の犯行
    要は、ロシアの諜報機関の指示、最悪プーチン自身の指示で犯行が行われた?
  2. 政府が神経剤を管理できなくなっている
    つまり、ロシアから盗まれて、犯行に使われた?

どっちなんでしょうか? こう言われた時点で、「他の選択肢」が考えられなくなってしまいますね。

犯行に使われたとされる「ノビチョク」とは何でしょうか? BBC3月13日付が解説しています。

  • ノビチョクはロシア語で「新参者」を意味し、1970年代から80年代にかけてソビエト連邦が秘密裏に作った神経剤グループを指す
  • そのうちのひとつ「A230」はVXガスの5~8倍の殺傷能力を持ち、数分で人を死に至らしめる
  • ノビチョ剤は液体あるいは固体だとみられる。ノビチョク剤のいくつかは、毒性の低い2種類の化学物質の状態で保存され、混ぜ合わせて殺傷性を高める「バイナリー兵器」だと考えられている
  • ノビチョク剤のうち1種は化学兵器としてロシア軍での使用が許可されているという
  • こうした情報はロシアからの亡命者によって明らかにされた

化学兵器」なんですね。そんなものが、イギリスの普通の町で使われるとは、恐ろしい…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • スパイ暗殺未遂事件が引き金?漂い始めた欧米 vs ロシア冷戦の気配
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい