松下幸之助を陰で支えた大番頭「高橋荒太郎」をご存知ですか?

chichi20180323
 

松下電器の創業者・松下幸之助氏は「カリスマ経営者」として有名ですが、そんな彼を陰で支え続けた高橋荒太郎氏の名を知る人はそう多くありません。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、対立していた組合さえも感動した松下幸之助氏と高橋荒太郎氏の「強固な絆」のエピソードを紹介しています。

“松下の大番頭”高橋荒太郎をご存じですか

松下幸之助の名前は知られていますが、幸之助を陰で支え続けた大番頭高橋荒太郎のことはあまり知られていません。松下電気産業時代、2人の薫陶を受けた平田雅彦さんが、高橋荒太郎の隠れた功績についてお話しされています。

本気・本腰・本物 平田雅彦(松下電器産業元副社長)

高橋さんを思う時、日の当たらない部分で厳しい役回りを引き受け社を支えていた姿が脳裏に浮かびます。戦後、事業部の中で業績が伸び悩んでいたモーターや蓄電池などの部門を担当し、再建に導いたこともその一例です。

しかし、その最たるものと言えば、何と言っても労使問題でした。松下では戦後しばらくの間、労使紛争が起きることはありませんでした。しかし、昭和30年代初頭、他の大手企業の激しい闘争の波は松下にも押し寄せ、労使の関係が次第に険悪になっていったのです。

このことは、従業員を家族のように思って育んできた創業者をとても苦しめました。経営の神様と言われた創業者も、この時ばかりはなかなか気持ちの切り替えができなかったといいます。そこで、組合との交渉を一手に引き受けたのが高橋さんでした。高橋さんは持ち前の粘り強さによって組合と交渉を重ね、その中で信頼関係を築き上げていきました

しかし、その高橋さんをしても交渉に行き詰まる例があったのも事実です。昭和33年、ベースアップを巡ってどうしても折り合いがつかず直接談判という組合側の要求に創業者が応じることになったのです。委員長、書記長を前に創業者はこのように語りかけました。

print
いま読まれてます

  • 松下幸之助を陰で支えた大番頭「高橋荒太郎」をご存知ですか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け