プーチンの脅迫に欧米激怒。25カ国がロシア外交官を追放した理由

shutterstock_781707541
 

先日イギリスで起きた「元ロシア・スパイ殺人未遂事件」。英国当局は即座にロシアの仕業だと断定、それに追随する欧米25カ国が「ロシア人外交官追放」を決定しました。この動きに対して、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんは、「外交官追放の真の理由は、先日プーチンがアメリカを核攻撃するシミュレーション映像を流したことにあるのでは?」と推測しています。

「欧米25カ国が、ロシア外交官を追放!」の裏側

日本では、「米中貿易戦争」とか、「金正恩が訪中して習近平に会った」ことなどが話題になっているでしょう。一方、西部戦線では、「欧米25か国がロシア人外交官追放」を決め大騒ぎになっています。なぜ追放するの???

【元ロシア・スパイ】20カ国が露外交官を追放 史上最大規模

BBC NEWS 3/27(火)12:20配信

 

米国や欧州連合(EU)加盟国が26日、相次いでロシア外交官の国外追放を発表した。今月4日に英南西部ソールズベリーでロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)にロシア製の神経剤が使われたとされる殺人未遂事件に関して、英国が駐英ロシア外交官23人を追放したことに追随するもの。これまでに20カ国以上が国外追放を表明し、対象者は100人超に上っている。ロシアの情報部員を対象とした国外追放としては過去最大となる。

最近の事件なので、皆さん覚えておられることでしょう。3月4日、イギリスで、スクリパリさんと、娘さんが重体で見つかった。スクリパリさんはロシアの元スパイ。しかし、ロシアを裏切り、イギリス諜報機関に情報を提供していた。要は、「ダブルスパイ」だった。ロシアでは、「裏切り者」「売国奴」として有名。そんな人物の殺人未遂イギリスは、即座に「ロシアの仕業だ!!!」と断定しました。それが、今回の「外交官追放」につながっていく。

しかし、なぜイギリスだけでなく他の国も外交官を追放するのでしょうか? 問題は、殺人未遂に使われた道具。ロシア製の神経剤ノビチョク」が使われたと発表されている。「神経剤」といってもよくわかりませんが、「化学兵器」です。スクリパリと娘だけでなく、周辺500人が影響を受けたとされる。それで、「ロシアは、NATO加盟国イギリスを化学兵器で攻撃した!!!」という論理なわけです。

BBCの記事には、「どの国が何人外交官を追放するか」リストが出ています。

  • 米国:60人
  • EU加盟国
    フランス、ドイツ、ポーランド(各4人)、
    チェコ、リトアニア(各3人)、
    デンマーク、オランダ、イタリア、スペイン(各2人)、
    エストニア、クロアチア、フィンランド、ハンガリー、ラトビア、ルーマニア、スウェーデン(各1人)
  • ウクライナ:13人
  • カナダ:4人を追放したほか、3人の新規受け入れを拒否
  • アルバニア、オーストラリア:各2人
  • ノルウェー、マケドニア:各1人

この記事が出た時点では、20か国となっていた。しかし、さらに5か国増え、結局25か国がロシア外交官を追放するそうです。

アメリカは60人追放。これは、ロシアにとって痛かったことでしょう。トランプは先日、プーチンに電話して、「大統領選勝利おめでとう!」といった。彼の顧問、補佐官は皆、「祝うな!」と助言したにも関わらず、独断で決めた。それでロシアは、「やはりトランプは、親ロシア、親プーチンだ!!!」と喜んでいたのです。ところが、今回は、なんと60人の外交官を追放…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • プーチンの脅迫に欧米激怒。25カ国がロシア外交官を追放した理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい