訳あり物件専門家が斬る、「かぼちゃの馬車」問題の不可解さ

スクリーンショット 2018-04-19 19.00.37
 

先日公開した「家賃収入10億のハズが破産へ。会社員を狙うシェアハウス投資の手口」という記事で、どこよりも早くシェアハウス「かぼちゃの馬車」の悪質な投資詐欺の手口について報道しましたが、件の不動産会社「株式会社スマートデイズ」は4月18日、東京地裁より民事再生手続きの棄却を受けて「破産」が決定的なものとなりました。“いわくつき”な物件を得意とするアウトレット不動産の「れいか」社長が配信する無料メルマガ『訳あり物件の専門家「れいか」のメルマガ』では、「訳あり物件の専門家」という視点からのイチ意見として、今回のスマートデイズ問題におけるスルガ銀行の審査基準の不可解さについて一刀両断しています。

かぼちゃの馬車を斬って観る

シェアハウスかぼちゃの馬車」の投資家は700人と数が多いので話題になっており、1人の投資家がシェアハウスを3棟も所有しているなど、複数所有しているため処分が余計に厄介ときています。

しかも、シェアハウス投資で困窮している投資家は、スマートデイズの「かぼちゃの馬車」ばかりではありません。相談者の中には、ゴールデンゲイン社の「シェアハウス」プランを入れられない土地で、苦肉の策として「民泊プランを設定されてしまった物件を所有している人もいます。

その取引価格は10坪1億円で、しかも普通の不動産取引価格とは異なるようで、通常の不動産取引価格はおよそ4000万円ほどの土地になります。

10坪で1億円の取引となると、一個人が売買契約を締結する金額ではなのではないでしょうか。しかも建物代金は別口融資で、金利3.5%で一部が融資実行されています。

地方銀行のスルガ銀行が土地の決済時に1億円の融資を実行しているのですが、土地評価での融資ではないようです。事実上、担保割れしているものに融資実行する金融機関は他にはないでしょうから、スルガ銀行の審査基準は不可思議なものがあります。なにか裏事情があったに違いないという憶測が働かざるをえません

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 訳あり物件専門家が斬る、「かぼちゃの馬車」問題の不可解さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい