SNSで拡散された酷い手口。訪日外国人が難民申請する呆れた理由

 

E子 「ねぇ、『難民ビザ』って聞いたことある?」

新米 「『難民ビザ』? 何ですか、それ?」

深田GL 「難民申請って普通は難しいだろ」

新米 「現実的じゃないような…」

E子 「いや~、それがね、難民申請すると在留カードがもらえるそうなんよ。どうも『難民ビザ』とっていう誤った通称で呼ばれているらしいわ」

深田GL 「えぇ~!? 日本って難民認定、めちゃくちゃ難しくて、ほとんどできないんじゃないの?」

E子 「そう、正式には、難民とは違う、『自称難民』だそうよ」

深田GL 「『自称難民』? なんだ、それ?」

E子 観光客として入国した東南アジア系の人が多いんだって。つまり、観光ビザで日本に入国して、まず向かうのは、入国管理局 難民調査部門 難民申請の窓口すぐに難民申請をするそうよ

大塚 「観光ビザではいった人が?」

E子 「そう。観光ビザで入って、難民申請したら、約半年後に在留カードがもらえるらしいわ。『就労制限の有無 指定書により指定された就労活動のみ可』って書かれているらしい」

新米 「どういうことですか?」

E子 「難民申請の審査の結果が出るまでは時間がかかるので、その待っている期間、生活するために日本で働くことが認められるんだって

深田GL 「え? そうなの?」

E子 「そして、仮に難民と認められなくても再申請し、また申請。つまり、延長し続けると、平均で約2年半働き続けることができるらしいの」

新米 「そんなやり方があるんですか? 隙間を縫って、考えるなぁ~」

E子 「紛争や暴力のまん延によって迫害の恐れがあり、国を逃れた人々っていうのが本来の難民の定義。シリアなどの国がそうね。だけど、この『難民ビザ』っていうのは、政治難民とは考えられない理由で申請した人達が取得するから、本来の難民はほとんどいない。」

大塚 「へぇ~、そんなことができるんですか、知らなかった!」

E子 「平成29年は、フィリピンベトナムスリランカインドネシアネパールトルコの順に多かったようね」

新米 「ふーん」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • SNSで拡散された酷い手口。訪日外国人が難民申請する呆れた理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい