SNSで拡散された酷い手口。訪日外国人が難民申請する呆れた理由

shutterstock_423295780
 

日本の人手不足は今後も深刻化する一方と言われており、政府は外国人労働者の受入れを拡大する措置をとる方針を明らかにするなど、ようやく対応に本腰を入れ始めました。そんな中、いま問題となっているのが「難民ビザ」。難民審査制度の裏をついたこの手法、どのような手口なのでしょうか。無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で詳しく紹介しています。

難民ビザ

厚労省による2018年4月の有効求人倍率は1.59倍、DODAによる2018年5月の転職求人倍率は2.40倍、最近は、人手不足による倒産、採用担当者は過労で倒れる、なんてことが起こっているらしい。


新米 「それはそうと、最近の求人難はひどいですね~」

大塚 「求人倍率、1.5倍超えてるもんね。ホント、超人手不足時代!」

E子 「人手不足は、昨年で120万人。2030年には、労働力人口が300万人が減るって試算されているそうよ」

深田GL 「U社さん、外国人の方を雇用することになったよ」

大塚 「そうなんですね。在留資格は何ですか?」

深田GL 「技術・人文知識・国際業務だそうだ」

大塚 「就労ビザってなかなか取得しづらくって、たいへんですよね~」

深田GL 「日本で正式に労働者として認められる外国人は、

  • 永住ビザ
  • 学識経験者、医師などの専門的知識や技術を持つ高度人材などの就労ビザ
  • 一定期間学ぶ事を目的に許可されている技能実習生
  • コンビニや居酒屋でアルバイトできる留学生

だね」

新米 「でも、留学生は働く時間に制約があるますよね」

印刷する

人気のオススメ記事

  • SNSで拡散された酷い手口。訪日外国人が難民申請する呆れた理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい