日本のキャッシュレス化を遅らせる、たった一つの原因とは何か?

shutterstock_176414171
 

読者からのさまざまな質問に回答してくれる、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、仕事で上海によく行くという男性から「日本はなぜキャッシュレス化が他国より遅れているのか?」という質問です。確かにキャッシュレス化が進めば、外国人観光客などとのやり取りもスムーズになりそうですが…。永江さんが考える日本のキャッシュレス化を阻む「たったひとつの原因」とは?

日本でキャッシュレス化が進まない理由は?

Question

shitumon

いつも楽しく拝読させていただいてます。日本はキャッシュレス化が他の先進国世界都市より遅れていると感じます。キャッシュレス化(カードでなく特にスマホ決済)が浸透するためには、何が必要なのでしょうか。

もっと最先端では、体にチップを埋め込むというのもありますが、そこまではまだ望みません。せめてスマホ決済ができればと思っています。

LINE Payのサービスは浸透するのでしょうか。できれば、中国のアリペイやWECHATPAYではなく、純国産のサービスが普及して欲しいと願っています。

LINEは純国産でしょうか?いろいろな記事を見てもよくわかりませんでした。

永江さんのご見解を伺いたいです。

東京都内でも、カードすら使えないという店が多く、歯がゆさを感じてなりません。外国人観光客だけでなく、日本人にもニーズはあるはずです。個人的に上海に滞在することが多いのですが、スマホのみのキャッシュレス文化が根付いていて便利で仕方ないです。都心部の普及率は98%だそうです。どこかの統計で見ました。

上海で現金が必要なのは、物乞いとスーパーのカルフールのカートを借りる時くらいです。(物乞いすらQRコード提示している人もいると聞きますが、見たことはありません)屋台・出前・シェアサイクル・ガチャガチャ・自販機・個人間の支払いなど、あらゆるものがQRコードをスマホで読み取って決済可能です。

メニューがなく、スマホ内でメニューを見て選んでスマホで決済というレストランもあります。日本もなんとかならないでしょうか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本のキャッシュレス化を遅らせる、たった一つの原因とは何か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい