中国に近づきすぎるな。3選を決めた安倍首相にお願いしたいこと

20180923bura00 copy
 

9月20日、自民党総裁選で3選を果たした安倍総理ですが、今後も継続して働きかけるべき課題には何があるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、日米貿易戦争への外交対応や消費税増税のタイミングなど、慎重対応が必要な問題解決は安倍総理の得意とするところだとして、長期安定政権を引き続き目指すべきだと持論を展開しています。

3選安倍総理に望むこと

皆さんご存知のように、安倍総理の3選が決まりました。そこで今日は、「3選安倍総理に望むこと」を書きます。

外交、中国との「接近しすぎ」に気をつけてください

毎回書いていますが、私が総理を支持する最大の理由は、「外交」です。2012年、民主党政権最後の年、

  • トラストミー鳩山さんのせいで、日米関係は最悪
  • 尖閣国有化で、日中関係は最悪
  • メドの北方領土訪問で、日ロ関係は最悪
  • 李の「日王は謝罪せよ!」発言で、日韓関係は最悪

というわけで、日本は、アメリカ、中国、ロシア、韓国との関係がすべて悪い。世界で、大変孤立していた。ところが今は、

  • 日米関係は、良好
  • 日ロ関係も、良好
  • 日韓関係も、李、朴時代より、ずいぶんマシ
  • 日中関係も、よくなってきている

おかげさまで、日本に2012年の緊張感はありません。日本国民が、平安に暮らせるのは、まさに「安倍外交」のおかげです。このまま慎重に進んでいただきたい。

しかし、一点、最近気になっていることがあります。米中貿易戦争が激化している。それで、習さんが日本に擦り寄ってきている。トランプさんは、「日本がどれだけ負担しなければならないか告げれば、シンゾーとの関係は終わる」などといっている。それで、アメリカにいじめられそうな日本も、中国に接近したくなっている。

もちろん、私自身も、日中友好には賛成です。日中関係が良好なら、中国は「尖閣を奪おう!」という気にはならないでしょう(それでも、一時も油断できませんが…)。

しかし、「順番が大事です。もし、あなたと奥さんの関係が良好なら、他の女性と仕事で会っても問題にはならないでしょう。ですが、あなたと奥さん以上に、他の女性との関係が緊密になれば、さまざまな問題が起こってきます。

日本アメリカは、「軍事同盟国」です。ですから、アメリカとの関係は、常に中国よりも重視されるべきです。ときどき、このことを忘れる総理がいます。たとえば田中角栄さん。たとえば鳩山さん。結果は、よくないです。ですから安倍総理にお願いしたいのは、

  • アメリカ >>> 中国

という順番を忘れないでくださいということ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国に近づきすぎるな。3選を決めた安倍首相にお願いしたいこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい