プーチン激怒。ロシア軍機撃墜で、米イスラエル連合に戦線布告か

shutterstock_550053514
 

9月18日、ロシアは自国軍機がシリアに撃墜された責任は米の同盟国イスラエルにあると公式発表しましたが、背景にどんな事情が絡み合っているのでしょうか。国際関係ジャーナリストで無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者北野幸伯さんが、複雑怪奇な中東事情をわかりやすく解説します。

ロシア軍機撃墜!ロシアは、【イスラエル】に報復警告!

世界は、今日も動いています。文さんと金さんが、またあってハグした。アメリカは、中国に第3弾制裁を科し、中国も報復する。私がもっとも気になった事件は、こちら。

ロシア軍戦闘機、シリアに撃墜され15人死亡 イスラエルに責任と非難

9/18(火)18:17配信

 

【AFP=時事】(更新)ロシア軍は18日、兵士15人を乗せて17日夜に地中海上空で消息を絶った自国軍機はシリアによって撃墜されたと発表し、非を負うべきはイスラエルだと非難した。

ロシア軍機シリアに撃墜された。しかし、ロシアはイスラエルを非難している。??????????

ロシア軍報道官はテレビ放送された発言の中で、17日午後10時(日本時間18日午前4時)ごろ、ロシア軍機Il-20が着陸しようとしていた際に、イスラエル軍のF16戦闘機がシリア・ラタキア(Latakia)付近の標的に対する攻撃を開始したと明かした。
(同上)

ロシア軍機が着陸しようとしていた時、イスラエル軍の戦闘機が、シリアへの攻撃を開始した。そうなると、当然シリア軍は、イスラエルの戦闘機を撃ち落とそうとします。

その上で、シリア国内の標的に対して攻撃を行っていたイスラエル軍パイロットらが「このロシア軍機を盾にし、シリアの防空システムからの砲火にさらした」と非難。「イスラエル軍の無責任な行動の結果、兵士15人が死亡した」と述べた。
(同上)

地上のシリア軍は、イスラエルの戦闘機を撃ち落とそうとしている。イスラエルの戦闘機はロシア軍機を盾にした。つまり、イスラエルの戦闘機は、ロシア軍機の後ろに隠れたということでしょう。それで、ロシア軍機が、シリア軍に撃ち落とされた。

その一方、ロシア国防省によるとショイグ国防相は電話で、イスラエルのリーベルマン国防相に「ロシア機の撃墜と乗組員の死に対する責任は全てイスラエル側にある」と伝え、ロシアは「将来的に適切な報復行動を取る権利」を有すると強調したという。
(同上)

ロシアは、イスラエルに報復する可能性があるそうです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • プーチン激怒。ロシア軍機撃墜で、米イスラエル連合に戦線布告か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい