訪朝の文在寅大統領に出されなかった「人造肉」という飢餓の産物

 

私は文大統領が「平壌の庶民が食べているもの」を要望したなら、金正恩は何を提供するだろうか考えてみた。かつて、金正恩の父親の金正日総書記は「私は我が人民がいまだにカンネンイサルトウモロコシ米を食べていることを恥ずかしく寂しく?思う」と言ったことがある。

「カンネンイサル(トウモロコシ米)」は、いまだに食されており、平壌の庶民といえども「三食白米というわけにはいかない。その他、平壌の庶民が牛肉などの食感が味わえると人気の「インジョコギ人造肉)」を提供すれば、文大統領夫妻も韓国では味わえない「インジョコギ」に舌鼓を打ったかもしれない。人造肉は金正日時代の苦難の行軍時代に作られたといわれており、食糧難による飢餓状態から脱するために、この大豆かすの搾りかすからできた人造肉を好んで食べたのである。

金正恩にとっては父親時代の飢餓の産物である「人造肉」を提供するのもよかったのではないだろうか。

問題は次の20日に白頭山に登頂した時の出来事であるが、次号に述べる。

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

image by:Flickr

宮塚利雄この著者の記事一覧

元山梨学院大学教授の宮塚利雄が、甲府に立ち上げた宮塚コリア研究所から送るメールマガジンです。北朝鮮情勢を中心にアジア全般を含めた情勢分析を独特の切り口で披露します。また朝鮮半島と日本の関わりや話題についてもゼミ、そして雑感もふくめ展開していきます。テレビなどのメディアでは決して話せないマル秘情報もお届けします。長年の研究対象である焼肉やパチンコだけではなく、ディープな在日朝鮮・韓国社会についての見識や朝鮮総連と民団のイロハなどについても語ります。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」 』

【著者】 宮塚利雄 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 5日・20日 発行予定

print

  • 訪朝の文在寅大統領に出されなかった「人造肉」という飢餓の産物
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け