ドラゴン桜の指南役が受け持つクラスの子供にあやとりをさせる訳

shutterstock_174980072
 

江戸時代に井原西鶴が綴った『諸艶大鑑』に「絲どり」として登場するあやとりは、日本だけではなく世界各地で古くより伝わる遊びで、宗教儀式に用いる地域もあるようです。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、意外と知られていない「あやとりの効能」を紹介しています。

あやとりで一人の女の子が元気になった話

私の講演会を開いてくださったあるPTAの、スタッフの山田(仮名)さんに聞いた話です山田さんには小学校3年の加代(仮名)さんという娘さんがいます。加代さんは2年生のときには、同じクラスに仲のよい友達が数人いました。でも、新しい3年生のクラスでは、5月になっても友達ができず休み時間にも遊びの輪の中に入れないことがよくありました。

ある日、山田さんと加代さんは書店に行きました。すると、加代さんがあやとりの本を見つけてほしがったので山田さんは買ってあげました。本にはあやとりの紐もついていたので、帰宅してさっそく二人で「ああだ、こうだ」と言いいながらやり始めました。紐は1本だったので、山田さんは太めの毛糸を使いました。

加代さんはそれまであやとりをやったことがなかったので、「パンパンほうき」や「ゴム」などの簡単な技からはじめました。ところが、1週間もするとたくさんの技を覚えてかなり難しい技もできるようになりました

そんなある日、加代さんは学校の昼休みに一人であやとりをしていました。すると、それを見たクラスメートのある女の子がすごいね私にも教えてと言ってきました。加代さんは、毛糸を何本か持っていたので貸してあげて、やり方も教えてあげました。それを見たほかの子たちもやってきて、たちまちあやとりが人気の遊びになりました。

でも、毛糸が足りなくなってしまいました。すると、先生が事務室に行って、毛糸よりもうまくあやとりができる紐をたくさんもってきてくれました。

次の日、加代さんは家からあやとりの本を持ってきて、クラスメートにも見せてあげました。その次の日、先生が市の図書館であやとりの本をたくさん借りてきてくれました。

折しもこの年はいつもの年よりも梅雨入りが早かったので、子どもたちは外で遊べなくなりました。それもあって、休み時間にはあやとりが大ブームになり、その中心には加代さんがいました。これがきっかけになって、加代さんは3年生のクラスでも楽しく過ごせるようになりました。めでたし、めでたし!

印刷する

人気のオススメ記事

  • ドラゴン桜の指南役が受け持つクラスの子供にあやとりをさせる訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい