訪日外国人誘致キャンペーンは、下品な「オ・カ・ネ・ク・レ」だ

shutterstock_626390381
 

政府は『明日の日本を支える観光ビジョン』を策定し、2020年には訪日外国人旅行者を4000万人にするという政策を掲げています。しかし、それに疑問を呈するのは、メルマガ『8人ばなし』の著者・山崎勝義さん。外国人を歓待することは大好きとしながらも、外国人観光客による不愉快な事例も多く、世界的な観光都市バルセロナの例を示しながら、対策の必要性を訴えています。

「おもてなし」なのか「おかねくれ」なのか

客を呼び込むような商売ははっきり言って品がない。それを前提に話をすれば、今、日本を挙げて行われている類の外国人観光客誘致キャンペーンは下品以外の何ものでもない。せっかくの「オ・モ・テ・ナ・シ」の精神も結局は「オ・カ・ネ・ク・レ」なのか、とつい突っ込みたくなってしまう。

一応断っておくが、個人的には外国人を歓待することは大好きである。こんな自分であっても、母国である日本に興味を持って海外からわざわざ大金を払って来てくれたのだから、やっぱりそれなりには好きになって帰ってもらいたいくらいには思うのであろう。

ところが、これが経済という現代の万能価値観によって翻訳されると「いくら金を落としてくれるか」という実に卑しいテーマに成り下がってしまうのである。さらに国や地方自治体はこれを大いに煽り、さまざまな制度や法令を慌てて拵えようとまでする始末である。

ここで改めて問いたい。その金を当てにしなければ立ち行かないほどに日本はヤバいのか。そもそも観光関連の一部の業に携わる者にだけ利益があっても、その周辺の他者にとって大いに迷惑ならば何にもならないのではないか。実際、宿泊施設関連のトラブルや犯罪、運転中の法令違反、観光地での非礼行為等々、不愉快な事例に関しては枚挙に暇がないではないか。

それでも不愉快で収まる程度のことならまだしもだが、この国や国民に害を為す事態ともなれば少々の金どころか財布まるごと落とすくらいのことをしても、とてものこと引き合いはしない。厳格なルールが必要である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 訪日外国人誘致キャンペーンは、下品な「オ・カ・ネ・ク・レ」だ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい