たった2ヶ月で60kgが48kgに?痩せすぎてしまったダイエットの話

shutterstock_1204319578
 

ついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまうこの時期、身体についてしまった脂肪、気になりませんか? 脂肪燃焼には有酸素運動というイメージがありますが、単に有酸素運動をするよりも効果的な方法があると教えてくれるのは、メルマガ『8人ばなし』の著者・山崎勝義さん。食事療法と組み合わせて、2ヶ月で20%も体重を落とすことに成功したという、実体験の方法とは?

冬こそ成功させたいダイエットのこと

年末年始の食っちゃ寝期間を挟んで続くひと月は新年会、とデブ・スパイラルが止まらない。こうなると厚手のコートを脱ぐ頃になって直面する肉体的現実は最早恐怖レベルである。

基本、動物は冬になるとあまり活動しなくなる。これは体温を保つだけで相当量の体力が奪われてしまうからだ。動物としての人間も例外ではない。ただ現代の人間が例外的なのは、その冬にあっても寒を避け暖を求めることが容易であることと、食糧に困ることがないことである。冬の間に太って春を迎える動物はおそらく人間くらいのものであろう。 以上のような春を迎えたくない人は、やはりダイエットであろう。

実際、冬場の方がダイエット効果が高いというデータもある。それは大体以下のような理由からである。本来人間も他の動物同様、冬期には活動が減り、その分生殖などの生命再生産や肉体的回復などの身体修復にエネルギーが割かれる。ここで言うダイエットとは筋肉量を増やし、体脂肪を減らすことを最終的な目標とするものだから成長ホルモンによる身体修復は必須である。とすれば、修復効率の高い冬場こそが筋肉を壊しさらに大きく強い筋肉に変えて行くのに最適な季節ということになるのである。

では具体的には、どうすればいいのか。簡単に言ってしまえば、摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーの方が多ければ痩せるのである。つまり、赤字経営である。比喩を使ったがために妙な言い回しになってしまうが、効率的な赤字経営こそダイエット成功の鍵なのである。

そのためにはまず資産を減らすことである。そこでジムに通い始めたりする訳だが、今まで貯めに貯めてきたものがそう簡単に無くなる筈もない。早々いやになって月々の会費だけが虚しく引き落とされて行く事態となる。典型的な失敗例である。

資産つまりはエネルギーの消費にはコツがあるのである。運動は基本的に二大別することができる。一つはジョギングやウォーキングなどに代表される有酸素運動、もう一つは筋トレに代表される無酸素運動である。

実はこの二つの運動にはエネルギー源において違いがある。有酸素運動は炭水化物と脂肪のどちらでもエネルギー源にできるのに対し、無酸素運動は炭水化物しかエネルギー源にできないのである。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • たった2ヶ月で60kgが48kgに?痩せすぎてしまったダイエットの話
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい