韓国の常軌を逸したウソにすら反論できない政治家が日本を滅ぼす

at20190130
 

韓国海軍艦艇によるレーダー照射事件については、常識的に考えて「韓国の一方的なでっちあげ」と判断することも可能ですが、事態が長引くほど「強硬な主張を繰り返す韓国サイドに理あり」との印象が世界に定着しかねません。AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』の中で、我が国の政治家は総じて対外情報戦に弱いと指摘しその打開策を記しています。

政治家を変える唯一の方法

全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。

レーダー照射問題、次から次へと嘘をつき続ける韓国の姿にはさすがに呆れましたね。韓国の本性が露わになったこと自体は悪いことではないのですが、それにしても完全に常軌を逸しています

今回新たに出してきた低空飛行の証拠だという哨戒機の画像もひどいものです。さっそくネットユーザーから激しい突込みが入っています。よく国家レベルでこんなものを出してくるなと驚嘆するほかはありません。

私は拙書『日本よ、情報戦はこう戦え!』(育鵬社)の中で、「韓国はけして議論に強いわけではない」と書きました。その理由はまさにこれなのです。言うこともやることも極めて雑で穴だらけ。論破することは簡単です。だから、反日団体から論戦を挑まれたことはないし、こちらから出向くと逃げ回ります

しかし、問題は日本政府です議論を避けてばかりいるのです。

上記の拙書に書いたように、情報戦において極めて重要なことのひとつは「即時性」です。相手のプロパガンダには間髪入れずに反論しなくてはいけません。そうすることで、相手の攻撃を減殺すると共に、さらなる攻撃の機会を奪うのです。

韓国が「日本の哨戒機が低空飛行で威嚇した」と言いがかりをつけて来たとき、日本のメディアは日本側は即反論した、と伝えました。しかし、「威嚇飛行はしていません」というコメントだけでは反論とは言えないのです。

「こちらは飛行記録があり、そのような飛行はしていないのは明らかだ。そもそも、丸腰の哨戒機が重武装した駆逐艦に威嚇飛行を行うことはありえない。さらに、もしそのような重大なインシデントが本当に発生したのなら、今頃公表するのは大きな矛盾だ。韓国が嘘をつき続けるのは何かを隠したいからではないか?

即座にこれぐらい言ってはじめて反論」という言葉に値します。即座に言うことで、メディアの報道に含ませ、情報戦を有利に運ぶ目的もあります。

ところが岩屋防衛大臣は、本音では反論したくないのがありありとわかります。

「私がひとつひとつ反論するのもいかがなものかと」
「コメントは控えたい」
「日韓の防衛協力を未来志向で進めるよう真摯に努力したい」
「根底には信頼関係がある」

無様なものです。

防衛大臣が反論しなくて誰が反論するのでしょうか?それどころが、岩屋大臣は出席していた自民党の防衛部会で厳しい意見が発せられると途中退席してしまったそうです。逃げたってことですね。

岩屋大臣はパチンコ業界の政治アドバイザーとのこと。福井大学の島田洋一教授はさらに「北朝鮮に融和的な日朝議連幹部だった岩屋氏に適切な対応ができるはずがない。人事ミス」と断じています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国の常軌を逸したウソにすら反論できない政治家が日本を滅ぼす
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい