韓国の常軌を逸したウソにすら反論できない政治家が日本を滅ぼす

MA321760
 

海外の最前線で戦って来た立場で見ると、日本の政治家の情報戦に対する能力の低さには溜息しか出ません。

基本的な議論さえできないのです。これでいったいどうやって過酷な国際社会で生き抜き、日本の国益を守れるというのでしょうか?このまま日本政府が再反論しなければ、慰安婦問題のように韓国の嘘が世界中で定着してしまうでしょう。

このままでは日本は沈下するばかりです。でも、人材がいない、と嘆く声が聞こえてきます。

先日、政治家の意識を変える努力をして来たという方に会ったのですが、その方いわく、政治家は有権者の顔色ばかり見ているので、自発的には変わらない、というのです。まあ、そうでしょうね。選挙に落ちればただの人ですから。

ある国会議員の応援パーティーに出席したとき、地方から駆け付けたその議員さんの後援会の会長のおじいさんが挨拶に立って、こんなことを真顔で言っていました。

「〇〇先生の悪いところは、国政のことばかり考えていていることです。もっと地元のことをやってくれないと困ります

これじゃあ国会議員が本来の仕事をしないできないわけです。有権者も悪い。こんな現実が長く続いて今日に至っているのでしょう。

今私たちが早急にやるべきことは、政治家に対する期待値を完全に変えること。そしてそのことを政治家に理解させることです。

日本という国を守れなければ私たちの暮らしを守ることもできません。しっかりとした国家観と歴史観を持ち、外国からの不当な攻撃には毅然として立ち向かう気概のない政治家はいらない、と明確にアピールすることです。ネットもフルに活用しましょう。

いざという時に外国に媚びて、言うべき時に何も言えない政治家はもう要らない。次の選挙では投票しない、落選してもらう、というメッセージを政治家に伝え続けなければなりません。

我々に必要なのは、健全な愛国心を持った政治家です。時代は変わったのです。

少々時間はかかりますが、これしかありません。子孫を外国の奴隷にしたくなければ、今、私たちが政治家を選び直す。それ以外にこの国を安心して子孫に残すことはできないでしょう。

まだお読みでない方はぜひこの機会に!『日本よ、情報戦はこう戦え!

(山岡鉄秀:Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

image by: 本屋 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

アメリカ通信この著者の記事一覧

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 』

【著者】 アメリカ通信 【発行周期】 週刊、不定期

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国の常軌を逸したウソにすら反論できない政治家が日本を滅ぼす
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい