【書評】データで見る「世界には親日国が何カ国ほどあるのか」

0131_creater
 

現在、世界にはどのくらいの親日国があって、どれくらい日本は信用されているのか。それを知ることは今後の日本が平和に進んでいくために必要なものであると考えて「親日国をデータで実証した本」があります。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で、編集長の柴田忠男さんがそんな一冊をご紹介しています。

偏屈BOOK案内:佐藤拓『親日国の世界地図 236のデータで実証』

81uxZldd0+L

親日国の世界地図 236のデータで実証

佐藤拓 著・祥伝社

まことに世界は不安定である。日本が戦争やテロに巻き込まれず、平和で繁栄するには、どのような外交政策をとればいいのか。様々な問題があり、方策は多岐にわたるが、要は国同士が互いに信頼できる関係を構築するのが第一で、そのためには世界中に「親日国」を増やしていくことが必須だろう。

現在、世界にはどれくらいの親日国があって、どの程度の信頼感を持ってくれているのか、多くのデータを分析し明らかにしているのがこの本だ。日本及び日本人に対して、親近感、信頼感を持っている人を「親日家(または親日派)と呼び、親日家が多数を占めている国を「親日国」と定義する。その逆は「反日国」とする。親日・反日の感情を持つ要因は9件提示されている(略す)。

徹底的にデータにこだわり「親日指数」を表した。しかし、それは現時点に限った一過性のものである。また政府の対日姿勢と、国民の意識は別物であるという認識も必要だ。中韓は政府が政権安定のため国民を反日に誘導してきたが、若い世代はかなりの親日感情を持っていることもデータから明らかだ。

日本のことが大好きな国「絶対的親日国」はアジアに集中している。インドネシアベトナムフィリピンタイ台湾マレーシアである。各国の親日の理由が示されており、非常に興味深い。外務省が毎年行うASEAN 10か国の対日観の世論調査では、「信頼できる」の割合は73%で、「できない」は6%だ。

先の大戦で日本軍の被害を受けたのに、なぜ親日なのか。第一に良好な経済関係、世界経済への貢献と開発協力、そして価値観の共有である。「かなりの親日国」は、ミャンマー、シンガポール、インド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、カナダ、ブラジル、コロンビア。アメリカはすぐ下のランク「親日国」だ。ロシアはさらにその下のランク「友好国」である。

print

  • 【書評】データで見る「世界には親日国が何カ国ほどあるのか」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け