「官邸意向」を指示か。統計不正「真のキーマン」政治家の実名

 

厚労相は2018年10月に加藤氏から根本匠氏に代わった。野党は加藤氏を国会招致すべきだが、自民党総務会長になっている加藤氏がそれに応じることはありそうにない。だが、安倍首相に真相解明から逃げる理由がないというのなら、自民党に対し招致に応じるよう働きかけるべきである。

加藤前厚労相は日本記者クラブの会見で統計不正問題について「報告は受けていなかった」と、自らの関わりを否定した。その後、メディアに加藤氏の責任を追及する姿勢がほとんどみられないのは不思議なことだ。

“モリ・カケ”もそうだったが、安倍政権にまつわる疑惑が浮かび上がると、真相の解明をはばむ政官のメカニズムがいっせいに動き出す。権力が腐敗し、イエスマンがはびこって、民主主義を機能不全に陥らせている。メディアの記者たちが特オチをおそれて権力に飼い慣らされる傾向も、腐敗を助長しているのではないだろうか。

image by: 首相官邸

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 「官邸意向」を指示か。統計不正「真のキーマン」政治家の実名
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け