空自戦闘機レーダーから消失。洋上で乗員2名発見し救助

2019.02.20
56
by gyouza(まぐまぐ編集部)
mag2news20190220_01
 

NHKニュースや共同通信などが、20日午前9時18分ごろ、山口県沖の日本海で、航空自衛隊のF2戦闘機1機がレーダーから消えたと速報で伝えた。空自によると、戦闘機は福岡県の築城基地所属で2人が搭乗していたという。レーダーから消えた場所は、築城基地の北東約130キロの海上。

その後、TBSニュースなどによると、洋上で乗員2人を発見し救助したと伝えた。救命ボートに乗っているところを救助されたという。





Twitter上の反応




※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: viper-zero / Shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 空自戦闘機レーダーから消失。洋上で乗員2名発見し救助
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい