「ワンセグ携帯もNHK受信料の支払い義務ある」最高裁で判決確定

2019.03.13
208
by gyouza(まぐまぐ編集部)
PB110352 copy
 

TVが自宅になく、ワンセグ機能が付いた携帯電話しか所有していない場合、NHKと受信契約を結ぶ必要があるかを争った訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は13日までに、原告側の上告を退ける決定をした、と報道各社が伝えた。決定は12日付としている。

これにより「契約の義務がある」との判断が確定した形となった。



この判決が確定したのは、埼玉県朝霞市の男性が、2016年にワンセグだけでNHKの受信料を支払う義務がないことを確認するために、NHKを相手取ってさいたま地裁に起こした訴訟。一審では、支払いの義務はないとして契約の義務を否定していた。

しかし、二審の東京高裁は2018年、放送法施行時に携帯型ラジオが存在したことなどから「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と判断。一審判決を取り消し、NHK側の逆転勝訴としていた。

この判決は今後、日本全国のNHK受信料をめぐる裁判の判決に大きく影響する可能性がある。

image by: Takkystock

 

『MAG2NEWS』公式メールマガジン

各界の専門家や研究家、著名人らが発行する2万誌のメルマガから厳選した情報を毎日お届け。マスメディアには載らない裏情報から、為になる専門ネタまで、最新ニュースが無料で届く!規約に同意してご登録ください。
《登録はこちらから》

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「ワンセグ携帯もNHK受信料の支払い義務ある」最高裁で判決確定
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい