ペットの爪から血が出たら?応急処置法と止血剤がない時の代用策

shutterstock_1162363285
 

ペットの爪の手入れをしていたら、血が出た!そんな経験はありますか?いち早く病院に駆け込むのもいいですが、慌てずに飼い主さん自ら止血をしてあげるのが一番です。メルマガ『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』の著者で、獣医師の佐藤貴紀先生が、まずは爪からの出血が起こる原因を説明し、家でできる止血方法も教えてくれます。

爪から出血してしまう原因

わんちゃん、ねこちゃんの爪から血が出たという経験はありませんか?どんな時に爪から血が出るのでしょうか?考えられるケースは下記の原因があります。

  1. 爪を切った時
  2. お散歩の時、地面に爪が擦れて削れてしまった時
  3. 爪が折れてしまった時

この3つが一番多いように思います。(もちろん、他原因もあります)どうして、爪から血が出るのでしょうか?ご説明しましょう。

犬の爪の中央部には血管が通っています。白い爪のワンちゃんの爪をよく見てみるとピンク色の部分があります。これが「血管」です。そのため爪を切った時に、深爪をして血管まで切ってしまったら血が出ます。

お散歩した時に、地面に擦れて、爪が削れてしまい血管部まで到達してしまったら、血が出てしまいます。爪が伸びすぎていて血管部で折れてしまったときなども血が出てきます。

これらに注意するのはもちろんの事、まず血を止めなければなりません。飼い主さんが、簡単にできる方法をお伝えします。

飼い主さんにできる「止血」方法とは?

出血を止めるには、「止血剤」を使うのが一番です。止血剤は、ペットショップや動物病院で市販されています。購入が可能ですので、お家に1つ常備しておくと良いと思います。

しかし、止血剤が手元にない時もあると思います。そんな時には「小麦粉」で代用する事ができます。家庭にあるもので問題ありません。

まず、小麦粉を水で溶いた物を用意しておきます。堅めに溶いておいて下さい。止血したい爪の先にたくさん塗り、しばらく指で押さえて下さい。小麦粉が固まれば、大丈夫です。

まだ血がにじむようだったら、さらに小麦粉をつけてと繰り返してみて下さい。小麦粉がない場合には、片栗粉やコーンスターチでも代用できます。

まとめ

血が出てしまったら焦らずに対応して下さい。コットンを2~3枚、出血したところにあてて1~2分位傷口を圧迫すると通常は止まります。

それでも、無理な場合には「止血剤」や「小麦粉」などを使ってみて下さい。万が一、それでも血が止まらない場合には病院の診察を受けて下さいね。

怪我をしない心がけも忘れずに!!

image by: RJ22, shutterstock.com

佐藤貴紀(獣医師)この著者の記事一覧

satoutakanoriペットは言葉が話せません。痛い時も、嫌な事も飼い主さんたちに伝える事が出来ません。このメルマガでは、そんなペットたちと一緒に快適に過ごす為にはどうしたらいいのか?そして、家庭で簡単に応用できる知識までお伝えしていきたいと思います。病気以外の事も獣医の目線から発信していきたいと思います。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス 』

【著者】 佐藤貴紀(獣医師) 【月額】 初月無料!月額864円(税込) 【発行周期】 毎週日曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • ペットの爪から血が出たら?応急処置法と止血剤がない時の代用策
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい