【台湾で震度5】M5.0の地震発生。沖縄近海から九州、関東でも相次ぐ

2019.04.10
145
by gyouza(まぐまぐ編集部)
スクリーンショット 2019-04-10 12.22.37
 

日本時間10日午前0時13分ごろ、台湾東部の花蓮県を震源とする最大震度5の地震が発生した。震源の深さは約11km、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定される。この地震による津波の心配はなかった。

実は、この地震発生前の8日に、鹿児島県や沖縄本島近海を震源とするM5.5、深さ10kmの地震が発生していた。

スクリーンショット 2019-04-10 12.43.38

さらに、南海トラフ巨大地震の震源域である宮崎県沖の日向灘を震源とした地震が相次いでいる。直近でも8日午前7時32分にM3.0の地震が発生。このエリアは3月27日のM5.4から4.2クラスの地震が相次いでおり、周辺住民からは不安の声が挙がっている。

スクリーンショット 2019-04-10 12.45.51

↑2019年4月8日に発生したM3.0の地震(画像は気象庁より)

e59dc444518ea4938c9b83e1094408551

↑2019年3月27日に発生したM5.4の地震(画像は気象庁より)

そして、4月10日午後12時47分、今度は和歌山と徳島の中間となる「紀伊水道」を震源とした地震が発生。

スクリーンショット 2019-04-11 11.18.13

M3.2と地震の規模は小さいが、ここは日向灘と同様に、南海トラフ巨大地震の予想震源域である。

● 関連記事 【日向灘と紀伊水道】南海トラフ地震の震源域で5回発生に不安の声

この紀伊水道では、3月27日午前6時51分にもマグニチュード3.6、最大震度2、深さ40kmの地震が発生しており、「日向灘」「紀伊水道」の両端で揺れが続いていることに不安の声も挙がっている。

640px-RuptureAreasNankaiMegathrust_2013

image by: Map:LincunArea:Pekachu [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

さらに、関東周辺では、4月5日の鳥島近海M5.9の地震を中心に、房総半島沖、茨城沖、福島沖でも中規模程度の地震が相次いで発生している。

fb04f79622e1de3d2acc079c4c79eb7a

● 関連記事 【鳥島近海M5.9】南海トラフ地震の震源域に続き関東沖で不穏な動き

ここで、国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)が公開している、Hi-net自動処理震源マップの「日本全国広域」の過去7日間に発生した地震を見てみよう。わずか一週間でこれだけの地震が日本周辺で発生していることに驚く。

スクリーンショット 2019-04-10 13.06.45

太平洋側の鳥島近海を中心に、南方向から北方向を結ぶ形で一直線の地震発生がわかる。また、台湾周辺から沖縄本島、奄美大島までも地震が多発しているようだ。

地震発生回数が増えている日本列島周辺の地震や火山活動。防災グッズの備えや避難場所の確認などに加え、地震予測メルマガによる情報収集をご検討してみてはいかがだろうか。

image by: 台湾中央気象局気象庁

 

メルマガ「最新『WEEKLY 地震予報』
『地震』が事前にわかれば、自分と自分の大切な人の命が守れます。最新『WEEKLY 地震予報』は『地震予知』を行い、お知らせするサービスです(毎週水曜日+緊急号外配信あり)。地震に関する研究、大規模地震の前兆現象に関するモニタリングを行い、独自に観測データを解析して地震予測情報を配信しています。

⇒詳細はこちら

 

メルマガ『週刊MEGA地震予測
フジテレビ「Mr.サンデー」「週刊ポスト」など数多くのメディアで取り上げられ、話題沸騰中・東京大学名誉教授村井俊治氏が顧問を務める、JESEAジェシア(地震科学探査機構)のメルマガ。

⇒詳細はこちら

 

メルマガ『47都道府県「週間地震予測」
地震予測で大切なことは、できる限り短い期間(1週間単位)で「いつ」「どこで」「どのくらいの大きさ」を予測することです。地震解析ラボはご利用の皆様の生命、財産を守るために日夜、精度向上を目指しています。47都道府県すべての週間地震予測を配信。

⇒詳細はこちら

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【台湾で震度5】M5.0の地震発生。沖縄近海から九州、関東でも相次ぐ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい