日本人女性も死亡。テロを防げなかった、スリランカ政治の混乱

 

私が今回のケースを見るにあたり、いろいろな情報を総合して考えると浮かび上がってくるのが、「大統領派と首相派の政治ゲーム」のなれの果てです。

現在の首相は大統領から一度罷免されており、最高裁までもつれた訴訟を経て、首相が権力を回復しています。内政を見れば、行政や経済政策は首相とその内閣に権限があるが、国家安全保障と治安は大統領権限と憲法で定められていますので、考えたくはないですが、「首相派による大統領派への政治的な攻撃」ではないのかとの見方です。

言い換えると、「国家安全保障と治安は大統領の責任であるにもかかわらず、大統領は事前に入った危険な情報を見落とし、250人を超える死者と非常に多くの被害を出すに至った」として、彼の大統領としての資質を問うというような形です。

テロそのものを首相派が主導したとは考えづらいですし、考えたくもないですが、あまりにも謎が多すぎて、そのような勘繰りさえしてしまう状況です。

より組織的な捜査を行うために、スリランカ政府はアメリカのFBIなど捜査機関にも協力を要請し、いろいろな情報を集めていますが、 あまりにも謎が多い今回の悲劇に対し、『真実』は恐らく闇の中に封じ込められ、最も政府の体裁が保たれるような帰結を迎えるような悪い予感がしてなりません。

普通の日常の平穏が一瞬にして奪い去られる事態が、悲しいかな、多発する傾向にあります。世界は一体どこに向かい、何を目指すのでしょうか。

今回の残忍なテロ事件によって生命を奪われ、未来を奪われた全ての魂に祈りを捧げつつ、今回の解説を終えたいと思います。

image by: Shutterstock.com

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print

  • 日本人女性も死亡。テロを防げなかった、スリランカ政治の混乱
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け