プロが伝授、工場の抜き打ち検査に来た係員がチェックしてる場所

shutterstock_1177015312
 

食品工場において、作業場の「衛生管理」がきちんとなされているかどうかは何にも増して重要ですよね。今回の無料メルマガ『食品工場の工場長の仕事』では著者で食品安全のプロである川岸博和さんが、責任者の倫理観が大きく影響する「整理整頓の重要さ」を説いています。

責任者の倫理観を超えることは無い

私が講演などで必ず話す言葉があります。

組織の倫理観はその組織の責任者の倫理観を超えることは無い

「倫理観」を整理整頓と言葉を置き換えてみて下さい。工場の衛生管理の基本は整理整頓です。あった場所に物を片付ける、必要のないものは作業場に置かない。整理整頓ができていない工場は衛生管理は全くできていないと思って間違いないと思います。

工場の建物の責任者も必ず、工場の玄関を使うはずです。駐車場も使うはずです。もっとも、来客用、偉い人用の駐車場、玄関を設けている工場もあります。責任者も必ず使用する駐車場玄関が整理整頓されていない工場は訪問しても価値が無い工場として、すぐに引き返してもいいと思っています。責任者が、駐車場が汚い事、玄関がきたないことに対して、注意も出来ず、問題点を感じていない事を象徴しているからです。

事務所、応接室の状況

工場の責任者は事務所にいる時間の方が普通は長いものです。事務所応接室の清掃状況が不完全であれば現場はよりひどい状況と考えられます。

工場の責任者、品質管理担当の方が「事務所は汚れていてもいいやと思っていて予想外に作業場の方が綺麗だった経験は私はありません。工場に入る玄関の階段に草が生えている工場の作業場はまったく管理されていない状況でした。

工場に入る玄関、下駄箱、スリッパの管理、ドアの汚れ、対応してくれる事務員すべての管理が、工場の鏡になるのです。工場点検で点検日を通知して点検に行った場合は、あなたが着用する作業着、帽子、靴などがサイズも守ってきちんと準備されていることが必要です。

点検されるであろう帳票類もすべて応接室などに準備されていることが必要です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • プロが伝授、工場の抜き打ち検査に来た係員がチェックしてる場所
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい