あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」

 

経営方針発表会の前日に、ある社員がしたこと

別の日の研修で、松下幸之助は仕事をする上での2つの心構えを説いた。それもまた、私の社会人生活の基本的な心構えとなった。

「君らの立場は一新入社員やな。しかし、意識は社長になれ

新入社員とかサラリーマンだと思って働いていると、意識まで雇われ人使われ人になってしまう。だが、社長の意識になると、同じものを見ても景色が違ってくる

松下電器製のネオンの一角が消えていたとしよう。一社員の意識だったら消えていることに気づきもしない。万一気づいても「消えてるな」としか思わない。無関心である。しかし、社長だったら絶対にこう言う

「おい、うちのネオンが消えとるぞ。直せ」

と。つまり、当事者意識に変わるのだ。

その日以来、私の意識はずっと社長だった。

経営方針発表会の前日には、誰に言われたわけでもないのに、もし自分が社長だったらどんな方針を発表するかを考えそれを書いて当日に臨んだ。そうすると、

「なるほどな。社長はいまそんなふうに考えとるんか。そういう見方もあったか」

と自分との差に気がつく。ただ受け身で社長の話を聞き、ノートに写すだけでは得られない学びである。

あるいは、松下幸之助が現場視察に訪れた時など、大抵の人は畏れ多くて二歩も三歩も後ろに下がるが、私は逆に松下幸之助の後ろにピタッとつき、何を質問するかどんなことを指摘するかどこを見ているかを徹底して研究した

胡麻を擂るわけでも何でもない。その一挙手一投足から経営者としての物の見方、考え方を盗み取ろうと必死だったのである。

image by: MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com , Flickr

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい