Google、Apple、Netflixはなぜゲーム業界への参入を決めたのか?

shutterstock_705666487
 

グーグル、アップルに続いて動画配信大手のネットフリックスがゲーム業界への参入を発表し、業界再編への引き金になるのではないかと注目しているのは、メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』発行人の理央周さんです。理央さんは、ゲーム業界への参入表明が相次いでいる理由と、競争が激しさを増す中、勝ち残っていく企業に求められる強みや戦略を探ります。

業界再編に動くゲーム業界に学ぶ企業戦略の立て方

今号の特集では、ここのところ話題になっているゲーム業界についてです。特に、ネットフリックスとグーグルの参入表明以来、この話題が多くなってきました。 色々な情報ソースが出ている中、

  • ゲーム業界状況
  • なぜ今IT企業が多く進出するのか?
  • ゲーム業界はどうなり誰が勝つのか?
  • この事例から何を学ぶべきか

という順序で考えていきます。

ゲーム業界の再編と現状

今、ゲーム業界が話題になっています。私はあまりゲームをやりませんが、3年前にポケモンゴーが出てやってみたら面白く、もう2年以上もやっています。このポケモンGOは画期的なゲームです。なにせ、初めてプレイヤーを家の外に連れ出すゲームだったからです。

ポケモンGOでは、新しいモンスターが登場とか、キャンペーンウイークでボーナスポイントが多いとか、毎週のように、新しい刺激がプレイヤーには告知されます。私も影響を受けたためか、なんとなく面白さが少しわかってきました。

ここのところゲーム業界が話題になったのは、もともとはゲーム業界にいなかったIT大手企業や、動画配信企業など、さまざまな業界からの新規参入が目立っているからです。 グーグルは今年3月に、スマートフォンなどで楽しめるクラウド型のゲーム配信サービスを始めると発表しました。自社のサービスのひとつの、YouTube上で遊べるようなゲームのことのようです。

クラウドで遊ぶということは、ネットにつなげることができる環境にあれば、どこででも、場所を選ぶことなく遊べるということになります。さらに、ニンテンドーやプレステのような、特別な「ハード」がいらないために、ゲームをやる人にとっては、場所もマシンも選ばず遊ぶことができる、というメリットがあります。 アップルもiPhoneで遊べるような、ゲーム遊び放題のサービスを開始すると発表しました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • Google、Apple、Netflixはなぜゲーム業界への参入を決めたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい