生まれつきではない。徳川家康の「耳が大きかった」納得の理由

shutterstock_153389036
 

「顔はその人の人生や心を映す鏡」と言われますが、「観相学」と呼ばれる学問の観点からすれば、それは至極当たり前のことのようです。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、達磨大師の「観相学」の研究者として知られ、2014年、惜しまれつつも91歳で亡くなった藤木相元さんによる解説が紹介されています。

顔相を変え運命を高める、「顔と運と人生の法則」とは??

顔からその人の素質や性格を割り出す「観相学」で知られた藤木相元さん(故人)。達磨大師が説いた教えを60年以上にわたって研究してきた第一人者でした。藤木相元が語る、脳をうまく使うことで顔相を変え、運命を高める、「顔と運と人生の法則」とは?


達磨大師は、「肉体は脳の影現象は心の所見」といっています。脳には「脳相」があり、これが「顔相」になって現れるのです。

これを受けて嘉祥大師は、「人生を左右するものは『運』であり、その運を支配するのは顔であるそしてその顔を作り上げるのはである」という理論を打ち立てました。

私の主宰する「嘉祥流観相学」は、この理論を基に脳と顔と運の因果関係を科学的に解明し、観相学を占いのような統計学ではなく、自然科学の学問として方程式化したものなのです。

人の顔や体は、遺伝子によって土台が作られますが、脳はおよそ20年かけて完成します。その人物がどういう環境に育ったか、どういうことを学んだか、どういうことを考えたかによって、およそ20年かけて相を形成しこれが顔相に影響を与えるのです。

例えば、小さい頃から「聞こう、聞こう」と脳が意識する機会が多いと、耳の血流が増え次第に耳が大きくなっていきます。地獄耳といわれた松下幸之助さんの耳は当然大きかったし、幼少期に「人質に出されるのでは」とおびえていた徳川家康の耳が大きかったのも、大人の話に耳をそば立てていたからといえます。

自己主張が必要な環境に置かれ続ければ、多く言葉を発しようとして口が発達します。勉強や仕事など、何かに一所懸命打ち込むと、前頭葉が活性化しエネルギーが発生するので、額に汗をかき毛根にダメージを与え、結果、額が広くなります

目や鼻、眉の細部に至るまで、脳の指令が働いていないところはありません。つまり顔を見れば、その人物のルーツから性格や育った環境それまでの歩みそして今後の運などすべてがわかるのです。

まず、いい脳をつくるには、やっぱりいい顔、楽しい顔をすること、その根本はホラを吹くということです。ホラとはドリームのことを指し夢を持つ人間はいい顔をしている

しかし逆に、脳がアンラッキーな思考をしていると、顔もアンラッキーになる。例えば、何か失敗をした時に、「しまった」と思ったら、アンラッキーな顔に。結果はどうあれ、「楽しいと思ったら気分が高揚して顔に光が入る

要するに顔はすべて脳が作用する逆に脳も顔から刺激を受ける

明るいいい顔をして鏡に向かっていれば脳がどんどん磨かれていきます。もう、おんなじことなんです。脳相一致と言いましてね。両方が一致している、と。脳科学の力によって、額から目から眉から耳から口からすべて分析ができるし、これらのことはすべて脳が作用しているんです。

※本記事は『致知』2004年12月号、2013年10月号より一部を抜粋・編集したものです。

image by: Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • 生まれつきではない。徳川家康の「耳が大きかった」納得の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい