韓国に押された「失格」の烙印。交渉のプロが読む米朝会談の裏側

48164813552_9d7f1e1f56_k
 

板門店で実現したトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長との第3回米朝首脳会談は、直前までの大阪でのG20サミットの話題を霞ませるようなインパクトを与えました。メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で活躍する国際交渉人の島田久仁彦さんは、今回の会談で具体的な成果はなく、明らかになったのは、「韓国の文大統領の外交の終焉」だけだったと解説。『トランプ劇場』に翻弄される世界情勢を読み解きます。

板門店で米朝首脳会談。2019年外交の大きなシフト

6月28日から29日にかけて大阪で初のG20サミットが開催されました。 日本外交にとっては、賛否両論ありつつも、無事に議長国としての役割を果たせたと思います。

ただその『成功』に酔いしれ、政府内でhard workを称えあう間もなく、6月30日朝鮮半島からの大きなサプライズが飛んできました。トランプ大統領の訪韓に合わせ、板門店で金正恩氏と第3回米朝首脳会談が開催され、G20の余韻は一発で吹き飛ばされました。まさに『トランプ劇場』の典型例です。

「このサプライズはいかにして“演出”されたのか」「そして、このサプライズは今後の国際情勢にどのような影響を与えるのか」

今回のサプライズに際し、一つ確実に言えることがあるとしたら、残念ながら「韓国そして文大統領は全く関与していない」ということでしょう。29日のG20会合中に、トランプ大統領から「私のTwitter見たか?」と尋ねられ、「はい」と答えたと伝えられていますが、それまで何も知らされておらず、この“工作”に全く関与できていないことが浮き彫りになりました。

そして、面白いことに、頼みに頼み込んで大阪の後、ソウルに立ち寄ってもらい、米韓首脳会談を!と狙っての招待だったにも拘らず、実質的に米韓で話し合われた内容は、正直何もなく、この訪問自体、うまくアメリカに“利用”されてしまいました。

それでも意地からでしょうか。トランプ大統領に付き添って板門店に赴きましたが、米朝の間に入ることはできず、38度線を挟んでトランプ大統領と金正恩氏が握手するという歴史的な瞬間にも立ち会うことが許されませんでした

皆さんも生中継の映像を観られたかもしれませんが、トランプ大統領が韓国側の建物からドアを開けて出た際、後ろに文大統領が控えていましたが、歩き出して自分も2人の首脳に加わろうと思った矢先、目の前でドアを閉じられてしまいました。まるでトランプ大統領から「お前は用なしだ!」とでも言われたかのような瞬間でした。(以前、トランプ氏が司会を務めていたテレビ番組の名台詞「お前はクビだ!(You are fired!)」を彷彿させるような一瞬でした)

この瞬間、文大統領の国内外へのアピールのチャンスの芽は摘み取られ、「仲介役失格」の烙印が押され、今後、朝鮮戦争の終結という場でしか役割がないことを世界に晒してしまいました。これで完全に文大統領の外交は終焉しました。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国に押された「失格」の烙印。交渉のプロが読む米朝会談の裏側
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい