地方の和菓子店は生き残れるか?戦略を人気コンサルに聞いてみた

shutterstock_237530746
 

読者からのさまざまな質問に回答してくれる、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、経営不振にあえぐ地方の和菓子店の再建策について相談が寄せられました。永江さんは、環境の厳しさを解説した上で「赤字が拡大する前にお店を閉めることをおすすめ」としながらも、「唯一の活路」としてヒントも提示しています。

地方の和菓子店の生き残り戦略とは

Question

shitumon

質問ですが、もし永江さんが経営不振にあえぐ和菓子屋を再建するとしたらどのようになさいますか?先日友人に相談されたのですが、こんな時永江さんならどの様にコンサルやアドバイスをなさるのか知りたくなりメールしました。

地方都市のガラガラのシャッター街の中にある老舗の和菓子屋についてです。店舗のある地区は人口減少も激しく、老齢化が進んでいて若者の町離れが進み、店の継ぎ手や若い働き手もいなっくなってしまっているのが現状です。お店自体は景気のいい時期には県外に支店を数店出したりといい時代もあったそうです。

商品は饅頭などの和菓子で、10数点のラインナップです。1つあたりの単価は200円前後の商品で、箱詰のもので1,000円から5,000円があります。保存は1週間ほどききます。簡素なHPもあるのですが、WEBからの発注は殆どなく機能していないそうです。若者の和菓子離れもあり、購買層は地元の年配の方が多くを占めています。

売り上げは下降しているのですが、80年も地元で続くお店なだけに潰したくない、と相談を受けました。お店の再建や、売り上げを伸ばすことなど、もし永江さんならどのように現状を変革するようアドバイスしますか?是非ご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 地方の和菓子店は生き残れるか?戦略を人気コンサルに聞いてみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい